R言語マニュアル1:R言語のインストール

インストールを始める前に,自分のノートパソコンが無線ランにつながっているかどうか,確認してください.つながっていない場合は,マニュアルで必要なファイルを各自のPCにコピーします.

R言語インストールの手順

  • この授業では,R言語及びGUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース)を以下の手順でインストールします.
    • R-2.2.1 (Windows版)のインストール
    • Rコマンダー(Rcmdr)と関連パッケージのインストール:マウス操作だけで解析を行うためのツールです

R-2.2.1 Windows版のインストール

  • 日本語インターフェースを持つR-2.1.1 Windows版をインストールします.
  • RWikiサイトの説明に準拠しています.
    • このサイトにアクセスし,R-2.2.1-win32.exeをクリックしてください.
    • 以下の画面が出たら,「保存」をクリックします.
       left

    • 保存場所として,デスクトップを選びます.
       left

    • 保存が完了したら,デスクトップに保存された2.2.1-win32.exeimage008.jpgをダブルクリックします.
    • 以下の画面が出たら,「実行」をクリックします.
       left

    • 使用する言語を「Japanese」にします.
       left

    • セットアップウィザードが起動したら,「次へ」をクリックします.
       left

    • 次の画面では,「同意する」をクリックして,次に進みます.
       left

    • 次の画面では,真ん中に「C:\Program Files\R\R-2.2.1」と表示されて確認して下さい.このとおりに表示されていない場合,自分で書き込んでください.
       left

    • 次の画面では,真ん中の大きな画面の下のほうで,「Version for Eastern Asian Languages」をクリックしてください.
       left

    • 残りの画面では,順次,「次へ」をクリックしてください.インストールが完了します.
  • R言語のインストールが終わったら,R言語を立ち上げてみてください.「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」→「R」→「R-2.2.1」を選んでください.
     left

  • Rの画面が立ち上がります.
     left

Rコマンダー(Rcmdr)のインストール

  • Rコマンダーを使えば,簡単な解析やグラフ表示であれば,数式を直接入力することなく,データ操作が可能です.
  • 以下の手順で,Rコマンダー(Rcmdr)をインストールしましょう.
    • Rを立ち上げた状態で,「パッケージ」から「パッケージのインストール」を選びます.
       left

    • 「CRAN mirror」のリストの中から,「Japan(Aizu)」又は「Japan(Tsukuba)」を選びます.
       left

    • しばらくすると,「Packages」のリストが表示されるので,リストの上から3/4位のところにある,「Rcmdr」をクリックし,「OK」してください.しばらくすると,ダウンロードが開始され,Rcmdrがインストールされます.
       left

  • 次に,Rコマンダーで3Dグラフ表示をするためのパッケージもダウンロードしておきます.同じく,「パッケージ」から「パッケージのインストール」を選び,「Packages」のリストから「rgl」というパッケージを選択してOKし,ダウンロードしてください.
  • 以上の操作を終えて,Rcmdrを表示させて見ましょう.
    • 「パッケージ」から「パッケージの読み込み」を選びます.
       left

    • リストの中から,「Rcmdr」を選びます.
       left

    • すると,以下のような画面が現れます.これが,Rコマンダーの画面です.
       left


以上のインストール作業が終わったら,いよいよRを使った分析に取り掛かりましょう.R言語マニュアル2に進んでください.


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-22 (木) 17:00:52 (2715d)