ホームランドセキュリティ(国土安全保障)と空間情報科学

  • このページは編集中です。予告無しに変更されることがあります。
  • 慶應大学古谷研究会での教育・実習に活用することを主な目的としています。

目的

  • 東日本大震災とそれに続く福島第一原発事故以降、大規模災害に対する備え、発災後の復旧・復興過程において、空間情報科学の重要性が再認識されました。しかし残念なことに、空間情報科学を駆使してそれらに対応出来る人材が不足していることも、同時に明らかになりました。こうした人材の偏在や欠如は、大規模災害後の復旧・復興の速度に、少なからず影響を与えているともいえます。
  • これからは、インターネット社会を前提に、ものづくり(digital fabrication)、センシング科学(sensing sciences)、空間情報科学(geoinformatics)が統合した学問が、人命に関わる事象のリスクマネジメントの方法論として発展することが期待されています。
  • そこで、インターネット社会の空間情報科学という視点から、ホームランドセキュリティ(国土安全保障)や防災、リスクマネジメントに対処出来る技術や方法論を身につけることを目的としています。ここで扱う災害とは、自然災害、事故災害、テロ災害などの物理的事象を想定しています。

情報を収集し可視化する

予測し予防する

防御する/護る

  • 施設を護る
    • 重要施設周辺の監視地点や侵入禁止地点の設定
  • 人を護る
    • 被害想定人口数の算出
    • 避難施設の設定/配置

緊急時に即応する

  • 被害状況を収集しマップを作成する
  • 避難状況を照合しマップを作成する

復興し再生する

  • 復興計画を立案する
  • 再生エネルギーの適地選定を行う

関連科目

  • 空間分析や空間モデリングを履修するのが望ましいですが、GISは基礎から勉強します。

参考文献

  • M. Katakura (2007) "GIS for Homeland Security", ESRI Press.
  • S.L. Radke and E Hanebuth (2008) "GIS Tutorial for Homeland Security", ESRI Press.
  • D.Z. Sui eds. (2010) "Geospatial Technologies and Homeland Security", Springer.
  • M.A. Sauter and J.J. Carafano (2011) "Homeland Security", McGrawHill?.
  • M.J. Mlperen (2011) "Foundations of Homeland Security", Wiley.

免責・その他

  • ここで記載しているソフトウェアなどの利用に関して、万一障害が生じても、筆者は一切責任を負いません。
  • ここで記載されている内容を転載・利用されたい場合は、著者までご一報ください。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-04 (水) 14:41:08 (2572d)