不確実性と情報(2012年度秋学期)

  • このページは、SFCナレッジスキル科目「不確実性と情報」のために準備されたものです。
  • 予告なく内容が変更されることがあります。

主題と目標

  • 現代社会の諸問題を取り上げ、何が不確実で何が確実なのか、世の中に溢れる情報を基によりよい意志決定をするにはどうすればよいのか、リスクにどう対処すればよいのだろうか、などと言ったことについて考えてみる。
  • 授業を通じて、確率論、効用理論、ベイズ統計、などのツールを身につける。

評価方法

  • 出席点:70点=5点×14回
  • 中間レポート:10点(中間発表も加味)
  • 最終レポート:20点(最終発表も加味)

第01回 ガイダンス

  • 不確実性とは?、確率とは?

第02回 自然現象と不確実性(1)

  • 確率の考え方、相対頻度、ベルトランのパラドックス、モンティ・ホール問題、自然災害の発生確率

第03回 自然現象と不確実性(2)

  • 確率論による不確実現象の構造化、期待値、確率論的安全評価、ベン図、重大事故・災害

第04回 自然現象と不確実性(3)

  • 確率分布、平均、分散、環境リスク

第05回 人間と不確実性(1)

  • リスク調査のデザイン、疫学調査、医療・健康分野

第06回 人間と不確実性(2)

  • 相対リスク、オッズ比、医療・健康分野

第07回 人間と不確実性(3)

  • ベイズの定理、医療・健康分野

第08回 中間発表

第09回 社会現象と不確実性(1)

  • ベイズの定理、法律・経済分野

第10回 社会現象と不確実性(2)

  • 期待値、ベイズ的意志決定、政治・経済分野

第11回 社会現象と不確実性(3)

  • 認知的不協和、心理と不確実性

第12回 社会現象と不確実性(4)

第13回 学生発表

第14回 学生発表・総括

参考文献(随時追加)

  • ナシーム・ニコラス・タレブ著・望月衛訳, 『ブラック・スワン 不確実性とリスクの本質(上・下)』, ダイヤモンド社, 2009.
  • ゲルト・ギーゲレンチャー著・吉田利子訳, 『リスク・リテラシーが身につく統計的思考法』, 早川書房, 2010.
  • スティーブン・D・レヴィット&スティーブン・J・タブナー著・望月衛訳, 『ヤバい経済学』, 東洋経済, 2007.
  • ジェフリー・マー著・須川綾子訳, 『競争有意で勝つ統計学』, 河出書房新社, 2011.
  • 羽生善治, 『大局観』, 角川書店, 2011.
  • 小林道正, 『デタラメにひそむ確立法則』, 岩波書店, 2012.
  • 植村修一, 『リスク、不確実性、そして想定外』, 日本経済新聞社, 2012.
  • 田淵直也, 『確率論的思考』, 日本実業出版社, 2009.
  • 青木繁伸, 『統計数字を読み解くセンス』, 科学同人, 2009.
  • 吉田喜久雄・中西準子, 『環境リスク解析入門 [化学物質編]』, 東京図書, 2006.

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-26 (月) 15:07:03 (2426d)