2010年度春学期研究会:交通政策

  • 今学期は、都道府県を含む広域レベルでの交通政策の立案と評価に必要な調査・分析手法を学びます。
  • 今や、経済成長・人口増加局面を前提に、日常生活などに必要最低限の社会基盤整備を行う時代ではありません。
  • 人口減少・少子高齢化の局面において、医療・福祉政策や公衆衛生政策、教育政策、観光政策、国際経済政策などを推進する上で必要となる社会基盤の一つとしての交通政策及び政策間の境界領域について考えるきっかけにします。
  • そのためにも、交通工学やマーケティングサイエンス分野で用いられている基本的な手法を身につけます。それを元に、研究対象地域における交通政策課題の発見と政策提言につなげます。

政策課題の抽出

交通政策立案に使われる調査

CSポートフォリオ分析

  • 分析対象地域における交通政策の満足度と重要度を評価し、どのような政策が必要かを明らかにします。
  • CSポートフォリオ分析、決定木分析などがありますが、ここではCSポートフォリオ分析を行います。
  • CSポートフォリオ分析
  • 関連する分析手法:従業員満足度(ES)分析、顧客期待度(CE)分析

マーケット・セグメント

  • 交通行動主体を、個人属性や訪問目的、交通行動パターンなどにより類型化(セグメント化)します。
  • 因子分析、クラスター分析、潜在クラス分析などが使われます。
  • クラスター分析
  • 潜在クラス分析

交通需要の分析

  • 交通分析に関する資料は、研究会の際に別途配布します。

四段階推定法

交通政策の評価

  • 交通政策評価に関する資料は、研究会の際に別途配布します。

ヘドニック分析

  • 社会基盤整備による地価の経済価値や評価などに使われます。

費用便益分析

  • このページは、慶應義塾大学古谷研究会での演習用に作成しています。
  • 慶應義塾大学外の方の閲覧・利用はご遠慮下さい。
  • 演習用データやプログラムは、作成中のものも含みます。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-20 (土) 23:54:14 (3281d)