* 地域協働とフィールドワーク(2008年度秋学期) [#cc11f0f7]

** 科目概要 [#l1da3245]
~ この授業は、慶應義塾の塾員で、還暦を超えてなお社会の第一線で活躍されておられる方々による寄付講座です。塾員などによる講義や対話を通じて、知的財産でもある彼らの社会経験を学び、フィールドワークを通じた地域課題発見の重要性と地域協働型政策のあり方を理解することを目的としています。[[政策研究支援機構>http://amirai.sfc.keio.ac.jp/]]による研究助成活動とは独立して開講しますが、同機構から研究助成を受けた学生には積極的に履修してください。またフィールドワークと地域政策に関心のある学生にも広く受講を薦めます。

** 主題と目標 [#ld3bf8a3]
~ この授業は,主として,(1)国内のフィールドワークを通じて地域課題に対する政策提言を試みようとする学生,(2)政策提言までは至らないものの地域での活動に取り組もうとする学生,(3)卒業後に地域政策実務に携わろうとする学生,を対象としている.
~ 少子高齢期を迎えたわが国では,地域協働型の政策提案を行う上で,ソフト力のあるソーシャル・イノベーターの育成が急務である.SFCでは,慶応義塾OB・OGによる「[[政策研究支援機構>http://amirai.sfc.keio.ac.jp/]]」による助成の下,学部生を対象とした政策研究やフィールドワークを支援し,この間10年に及ぶ取り組みの中で,多くの成果を挙げてきた.
従来の活動を強化するため,[[政策研究支援機構>http://amirai.sfc.keio.ac.jp/]]での取り組みを寄附講座(特設科目)として制度化することにより,フィールドワークと実践的な政策提言に関するSFC学生の才能を醸成することを目的とする.その特徴は以下のとおりである.
- 慶應義塾OBによる寄付講座という,従来にない講座スタイルである.OBの寄付金を研究助成だけでなく,授業としても活用することで,OBの「顔が見える」研究・教育助成として位置付けることができる.義塾OBと現役の学部学生とが直接顔を突き合わせる,これまでにないスタイルでの授業が期待される.
- SFCでの研究プロジェクト中心スタイルへのシフト・チェンジを促すと共に,「フィールドワークの体験」,「地域課題に対する政策提言」について理解を促すことができる.
- 従来の[[政策支援機構>http://amirai.sfc.keio.ac.jp/]]による研究助成活動を,授業として制度化(単位認定)することにより,参加学生のモチベーションを維持・向上できる.
- 義塾OBにとっても,自身の人生経験を学部教育という形で直接貢献できる.
- すでに学部設置科目「フィールドワーク研究」があるが,これは海外研修なども対象としており,国内の地域でのフィールドワークに限定した地域政策・都市政策を対象としている点で異なる.

~ [[政策支援機構>http://amirai.sfc.keio.ac.jp/]]におけるSFC学生へのフィールドワーク及び政策研究への助成の一環として開講する.フィールドワークを通じた地域課題の発見,個人・グループワークによる政策提言の取り組みを通じて,地域協働型政策のあり方を理解するための実践的な授業を行う.期間中,政策研究支援機構メンバー,義塾OB・OGらによるレクチャーも実施する.履修者は100名程度を想定している.
~ 本寄付講座は,[[政策支援機構>http://amirai.sfc.keio.ac.jp/]]による研究助成活動とは独立して開講するが,同機構から研究助成を受けた学生には積極的に履修を促す.またフィールドワークと地域政策に関心のある学生にも広く受講を薦める. 

** 採点方法 [#d30133c3]
- 出席点:12回×7点=84点
-- 毎回、簡単な感想レポートを提出してください
-- 欠席3回までは成績をつける対象になります
-- 欠席4回以上の場合、自動的にDとします
-- 体育会の試合等の場合は、公欠届を提出
-- 病欠の場合、病院による診断書を提出
- 期末レポート:16点
-- 印象に残ったゲストスピーカーを3名あげ、ゲストの取り組みや考え方を比較しまとめる(8点)
-- 授業で紹介された地域課題を一つ取り上げ、ゲストの取り組みなどと比較しながら、自分ではどのように課題解決に取り組むか、考えを述べる(8点)
** 第01回 イントロダクション [#m456f21d]
- 日時:9月25日(水)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:9月25日(木)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:古谷知之
- ゲストスピーカー:小島昌義(SFC政策研究支援機構理事長)

** 第02回  [#u7f7d7e8]
- 日時:10月2日(水)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:高橋寿佳(蠻蟻執藝社)
- 日時:10月2日(木)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:高橋寿佳((株)乃村工藝社)
- テーマ:「SFC卒業生による地域協働の取り組み(1)」

** 第03回  [#l94d657b]
- 日時:10月9日(水)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:10月9日(木)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:水野馨生里(フリーライター、NPO法人ぎふNPOセンター・NPO法人地域再生機構プロジェクトスタッフ)  高瀬香絵 1)株式会社Governance Design Laboratory 取締役 2)特定非営利活動法人世界マメナジー基金 理事長
- テーマ:「SFC卒業生による地域協働の取り組み(2):エネルギー」

** 第04回  [#n5bf4a3a]
- 日時:10月16日(水)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:10月16日(木)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:三神万里子(ジャーナリスト・経済番組キャスター、信州大学経営大学院客員准教授)
- テーマ:「SFC卒業生による地域協働の取り組み(3):地域活性化」

** 第05回  [#waa39b27]
- 日時:10月23日(水)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:10月23日(木)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:永野孝(長崎新聞)、錦織祐一(毎日新聞)(学生支援GP長崎ST)
- テーマ:「地域協働による学生支援(1)」


** 第06回  [#a5470d9f]
- 日時:10月30日(水)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:10月30日(木)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:服部信明(茅ヶ崎市長)(学生支援GP湘南ST)
- テーマ:「湘南地域とSFC(1)」

** 第07回  [#d243e197]
- 日時:11月13日(水)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:11月13日(木)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:宮治勇輔(みやじ豚)
- テーマ:「SFC卒業生による地域協働の取り組み(4):第一次産業」

** 第08回  [#v2623c65]
- 日時:11月27日(水)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:11月27日(木)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:稲田俊(藤沢市)、松本恵理子(横浜市)
- テーマ:「湘南地域とSFC(2):SFC出身行政職員の活躍」

** 第09回  [#w7be5067]
- 日時:12月04日(水)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:12月04日(木)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:山田慈芳(株式会社 美ら地球)
    三浦嘉門(野外学習施設 郡上八幡自然園)
- テーマ:「SFC卒業生による地域協働の取り組み(5):観光・環境問題」

** 第10回  [#c80e051d]
- 日時:12月11日(水) 1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:12月11日(木) 1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:伊藤眞知子(東北公益文科大学)
- テーマ:「地域協働による学生支援(2)」

** 第11回  [#gf29e463]
- 日時:12月18日(水)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:12月18日(木)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:村山利夫(福生市景観審議委員、社会教育委員、トシイデア代表)
- テーマ:「地域協働による学生支援(3)」

** 第12回  [#qfd9be9f]
- 日時:01月08日(水)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:01月08日(木)1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:貴山敬(NPO法人田舎時間)
    大津耕太・大津愛梨(02Farm)
- テーマ:「SFC卒業生による地域協働の取り組み(6):グリーンツーリズムと農業」

** 第13回  [#lc65aeea]
- 日時:01月15日(水) 1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 日時:01月15日(木) 1限 09:25〜10:55 (ι23)
- 講師:古谷知之
    英正道(元駐イタリア大使、鹿島建設常任顧問)
    平井俊邦(日本フィルハーモニー交響楽団専務理事)
- テーマ:「総括」

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS