潜在クラスモデル:R言語

分析に使われる場面

  • 観光客や観光地、地域産品や製品などの分類
  • ランダム効果を持つ潜在クラスモデルなども用いられる

ライブラリの読み込み

  • Rでは、randomLCA、poLCAなどのパッケージが利用できる
  • ここでは、randomLCAを用いる
    library(randomLCA)

データ

分析

データの読み込み

  • 観光調査データ"LCA.csv"を読み込む。
    LCA <- read.table("LCA.csv",sep=",",header=T,row.names=1)
    summary(LCA)

潜在クラス分析の適用

  • randomLCA()関数を使って潜在クラス分析を適用する。まずは、標準的な2クラスを潜在クラスとする。
    LCA.lca1 <- randomLCA(LCA[,1:5], freq=LCA[,6])
    summary(LCA.lca1)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-22 (月) 18:07:50 (3187d)