記憶のメカニズム III

  1. 1.符号化特殊性理論
  2. 2.処理水準説
  3. 3.記憶の生理学

1.符号化特殊性理論

(1)符号化特殊性理論とは
Tulvingは、記憶の再生と記憶の記銘は、独立ではなく、 互いに関連していると考えた。覚えた単語を再生するときには 記銘段階に与えられた状況と同じ状況の方が、異なる場合より も再生率が高くなることを見出した。
(2)符合化特殊性理論に関わる実験
単語を記銘する際に、2つのグループを設け、一つのグループでは 水中で単語を覚えてもらい、別のグループでは、陸上で同じ単語を覚え てもらった。そして、覚えた単語を再生する際に、水中グループの半分は 水中で再生をし、残りの半分には、陸上で再生をしてもらった。同様に陸上 グループの半分は、陸上で再生してもらい、残りの半分は水中で再生しても らった。結果として、記銘段階と再生段階が同じ状況(記銘も再生もともに 水中、あるいはともに陸上)の方が、2つの段階が異なる状況(記銘は水中 で再生は陸上あるいは、記銘は陸上で再生は水中)より再生率が高かったの である(Godden & Baddeley 1975)。

2.処理水準説

(1)処理水準説とは
Craik and Lockhart(1972)は、貯蔵庫モデルのように 貯蔵庫という考え方から記憶を考えるのではなく、記憶の処理 水準から記憶をいくつかの段階に分類した。処理の深さである 処理水準は、物理的、音響的、意味的水準の3種類の水準に分 類されると考えた。まず、物理的水準で知覚的処理が行われ、 次に、音響的水準で、発音のような音響的な特性で処理され、 最後に刺激の意味をもとにした意味的な処理が行われる。記 憶が短期記憶になるか、長期記憶になるかは、その刺激が がどの水準まで深く処理されたかによると考えたのである。 

3.記憶の生理学

(1)H.M.の場合
てんかんの手術で、海馬の前から3分の2とその周辺組織、 および扁桃体を切除する。意識を取り戻したとき、2年ほど前 からの記憶を完全に消失する。そして、手術以来、自分の身に 起こった新しいことを覚えることができない。しかし、昔の記 憶やピアノを弾いたりする手続き記憶は、損なわれていない。
(2)アルツハイマー型痴呆の場合
初頭効果や新近性効果がみられない。短期記憶よりも長期 記憶(意味記憶、エピソード記憶)の障害が顕著。十分な時間 を与えると、成績が上昇することより、知識の障害ではなく、 検索の障害と考えられる。
(3)コルサコフ症候群
慢性アルコール中毒患者で、間脳および前頭連合野の損傷を 受けている。個々の記憶は、よく覚えているが、時間的、空間的 文脈に関する記憶が冒される。
(4)記憶の生理学
<間脳>間脳の乳頭体や視床内側部は、記銘(情報のコード化) の過程と関連している。
<側頭葉>側頭葉の海馬は、空間情報の処理や、情報の転送や 取り出し、記憶の固定に関連している。また、扁桃体は、トラウマの 記憶のような恐怖がらみの記憶が保存されている考えられている。
<前脳基底部>扁桃体および海馬と連絡をとる部分。損傷を受け ると個々の事柄は覚えられるが、それらの相互関係や時間的文脈が わからなくなる。アルツハイマー患者の病変が認められる部位である。
<前頭連合野>時間的な順序に関する記憶と関連する。損傷を うけると、情報それ自体は思いだせても、それをいつどこで入手した かがわからない。エピソード記憶と関連する。
<小脳>運動学習と関連する。
<大脳基底核>技能学習と関連する。

トップに戻る