« | »

2011.03.13

TMPGEnc encoding for bilingal program

TMPGEnc Video Mastering Works 5でTV放送をMP4形式にエンコードし、バイリンガル放送(二カ国語放送、音声多重放送)を再現する。


TV番組を「何らかの方法」でTSファイルとして保存して、TMPGEnc Video Mastering Works 5を使ってエンコードしている人向け。
TVで放送される海外ドラマや洋画は日本語の主音声と英語の副音声が含まれていることが多いので英語の鍛錬などに使えるのだが、録画番組をエンコードするとどちらかの音声しか選べない。
TSファイルのままなら2つの音声を含んでいるが、いかんせんファイルが大きすぎるので、エンコードしつつ多重音声も残したい。
本稿では、2つの音声を含むTSの元動画から、映像は同じで音声が違う2つの動画を作成して(音声1動画と音声2動画)、その後に多重化処理によって1つの動画に合体させる手法を解説する。
あとはGOM PlayerとかMPCとか何でもいいけど、再生中にオーディオ設定で音声を切り替えれば良い。
両方の音声を同時に聞くことは想定していない。
以下手順
TMPGEncを起動
ノーマルモードで新規プロジェクト
TMPGEnc_WA1.jpg
TS ファイルを詳細に解析して追加する
で録画した.tsファイルを指定する。
TMPGEnc_WA2.jpg
CM部分とか本編部分とか、色々分離されたタイトルがリストアップされるので、放送本編で多重音声になっているもの(音声に1と2があるもの)を探してチェック
次へ
TMPGEnc_WA3.jpg
カット編集やフィルタでCMカットしたり好みに編集したらOKボタン
TMPGEnc_WA4.jpgTMPGEnc_WA5.jpg
編集に今編集したクリップが追加されているので、
右クリックメニューからクリップの複製
TMPGEnc_WA6.jpg
同じクリップがコピーされるので、これをダブルクリック
TMPGEnc_WA7.jpg
再びカット編集やフィルタのウィンドウが開くので、クリップ情報のタブをクリック
映像欄の参照ボタンの右に▼メニューがあるので、
音声は音声ストリームの変更で副音声(音声2とか)を選択しなおす
OKボタン
TMPGEnc_WA4.jpgTMPGEnc_WA8.jpg
出力設定でお好みにエンコード。
ただし、後の多重化の関係で、MPEG、MP4、MKVのどれかが良い。
TMPGEnc_WA9.jpg
音声1動画と音声2動画がエンコードできたらば、
TMPGEncから高度なツールを起動
MPEGツールの多重化(高度)を開く
TMPGEnc_WA10.jpg
先ほどエンコードした音声1動画と音声2動画を追加
TMPGEnc_WA11.jpg
音声1動画の映像ソースと音声ソース、音声2動画の映像ソースと音声ソース、計4つが追加されるが、
映像ソースは2つとも同じなので片方は削除する。
形式は動画と同じものを選択
TMPGEnc_WA13.jpg
出力先を指定して実行