SFC 清水唯一朗研究室

SFC 清水唯一朗研究室

未分類

清水唯一朗に関する情報、ゼミに関する情報などをご紹介してます。

2009年3月17日  未分類

大室政右氏の訃

 
 今日、旧知のテープ起こし者の方とメールを往復する中で、大室政右さんがお亡くなりになっていたことを知った。1月12日、老衰によるという。92才。大室さんは戦時中、国民精神総動員運動中央連盟、大政翼賛会、翼賛政治体制協議会といった機関で事務担当として活躍され、その後、南方マカッサルに赴任、戦闘に巻き込まれながらも命をつなぎ、抑留を経て復員、戦後は都議として5回連続当選、自民党都連幹事長も務められた。
 大室さんとお目にかかったのは2002年の初夏のことだった。当時、私は政策研究大学院大学のオーラル・ヒストリープロジェクトのRAであり、同プロジェクトで特別研究員をされていた武田友己さん、府中市博物館の馬場治子さんと、その後10回、1年半にわたってお宅を訪問し、お話を伺った。冒頭のテープ起こし者は、この時の記録を担当して下さった方であり、やりとりの中でふとしたことから同オーラルを思い出され、訃報を教えて下さった。ありがたい。ご葬儀に伺えなかったのが悔やまれる。
 お話を伺っていた当時、大室産はすでに80代後半でいらっしゃったが、堂々とした体躯、ゆったりした動き、時に躊躇されながら誠実にお話くださる人柄は、強く記憶に残った。事前調査の担当をしていたこともあり、私にとって、大室オーラルは今でも戦中期を考える際の大きなよりどころとなっている。同オーラルの記録は、武田さんのご尽力により『大室政右オーラル・ヒストリー 元国民精神総動員運動事務局員・元東京都議会自民党幹事長』として冊子化されているので、ご関心の向きには、ぜひ手にとって頂ければ、と願う。
 今年も年賀状を頂き、昨年も古鏡の取材で大室家を訪れたという記者からご健勝ぶりを伝え聞いていたので、突然の訃報にただ驚くばかりである。大室さんとのオーラル・ヒストリーは、私にとって、まだオーラル・ヒストリーを始めたばかりのころ、いつも温かくお迎え頂いたことで、とても元気づけられた、大切な思い出である。お亡くなりになられたことは残念であるが、お元気でいらした折に詳しく、暖かくお話を伺えたことを心から感謝して、ご冥福を祈りたい。
 
 

2009年2月27日  未分類

合格発表(2月26日)

2009年2月25日  未分類

頂き物―松沢裕作『明治地方自治体制の起源』

 matsuzawa.jpg
 松沢裕作『明治地方自治体制の起源―近世社会の危機と制度変容』(東京大学出版会、2009年)
 著者の松沢氏から頂きました。ありがとうございます。
 序章。序論ではなく、序章「移行期研究の視座と制度変容」は、本書の意義が江戸から明治への移行期研究としてはもちろんのこと、これから歴史学に取り組む人への手引書たるものであることを教えてくれています。あとがきの、抑制の利いた一差し二差しとあわせて、さすがは、と息を飲まずにはいられません。
 これから本論です。氏の報告を初めて聞いた7年前の衝撃を思い出しながら、ゆっくり拝読したいと思います。
 以下、出版社による内容紹介と主要目次を記しておきます。
 近世後期から明治初年にいたる備荒貯蓄・勧業などの新政策の変遷によって諸個人と権力との関係がいかに生み出され,地方自治体制が成立したのか.身分制社会が直面したヘゲモニー危機に対する試行錯誤が生成した変革の主体をあぶり出し,近世・近代移行期における政治権力の本質を解明する.
 
 序章 移行期研究の視座と制度変容
 第1部 近世身分制社会におけるヘゲモニー危機
  第一章 「組合村」から「大区小区制」へ
  第二章 備荒貯蓄と村
  第三章 勧業資金と蚕糸業
 第2部 近代的地方制度の形成
  第四章 連合戸長役場から「行政村」へ
  第五章 備荒貯蓄と府県会
  第六章 地方税と道路
 終章 近代社会における制度と権力
 

2009年2月17日  未分類

08年度ゼミ終了―ゼミ2年目の回顧と展望

08%E6%88%90%E6%9E%9C%E5%A0%B1%E5%91%8A%E4%BC%9A.jpg

 去る2月4日(水)、研究会B(1)(2)合同の研究成果報告会を行いました。平日にも関わらず、ゼミOBOG3名の参加もあり(ありがとう!)、充実した成果報告会となりました。
 開講2年目となった今年は、近代以後を通観することの重要性に鑑みて、戦前・戦後で分けていた形式を改め、基礎理解を行う「ベーシック」と、事例研究を進める「アドバンスト」の二本立てで研究会を進めてきました。2年目のメンバーに加え、新規メンバーに多彩な人材が多く、初年度にあった異様な(笑)活気とはまた違った、今後の展開を楽しみにさせてくれる1年となりました。
 とりわけその底力を感じたのが、この日の成果報告会。オーラル・ヒストリーを用いた戦時生活研究、日本―ASEAN関係を俯瞰しようという試み、政界―財界関係へのアプローチ、「アジア主義」という言葉にこだわった比較研究、田中角栄に惚れ込んだサーベイ、日印関係史に経済から切り込んでいったリサーチ、言論の自由の観点から国会議員の行動を論じたもの、中曽根外交というオーソドックスなテーマに挑んだもの、昨年に続けて時事映画にこだわったもの、枢密院というマニアックかつ担当者の琴線に触れる対象を選んだ挑戦、そして卒業制作として100を越える注をつけて丸山眞男に挑んだもの。いずれも好報告でした。
 唯一の卒業生となったゼミ幹事長には、彼が論文で取り上げた吉野作造、丸山眞男に加えて、私の横顔とゼミの集合写真をデザインしたタンブラーが送られました。彼の大学院生活を、このタンブラーが見守ることになりそうです。こういう企画は、いいですね。
 すでに論文はいつものように朱に染められて担当者と筆者の間を行き来し、いずれ論文という形になりますが、何より嬉しいのは、研究会のメンバーが相互に刺激しあって、ぐいぐいと力を伸ばしていること。半学半教を体感した1年でした。
 来年度からは、日本政治外交史のゼミに加えて、オーラル・ヒストリーのゼミを立ち上げます。どちらのゼミにも、新しいメンバーからの応募が集まり始めました。春の声です。来年はどんなゼミになるのか、今から楽しみです。
 

2009年2月6日  未分類

著作―「政治の安定、官僚の安泰?」(『三田評論』)

 %E3%80%8E%E4%B8%89%E7%94%B0%E8%A9%95%E8%AB%96%E3%80%8F09%E5%B9%B42%E6%9C%88%E5%8F%B7%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg 「政治の安定、官僚の安泰??―二大政党時代と官僚」
 『三田評論』1120号(2009年2月)に「政治の安定、官僚の安泰?―二大政党時代と官僚」が掲載されました。自民、民主の二大政党間で政権交代が行われ、それが常態化した場合、官僚の位地はどうなるのでしょうか。今日のような「安定が欲しいなら公務員」という公式は続くのでしょうか。政官関係はどのように変わるのでしょうか、それとも、変わらないのでしょうか。
 この問題への見通しを、戦前における政党政治・二大政党時代の経験から論じました。1頁の手軽なものですので、ひろくご一読いただければ幸いです。
 とはいえ、あまり入手容易な雑誌ではありませんので、ご関心の方はご一報ください。
  

2009年1月27日  未分類

140三田会、始動。

mita001.jpg

 慶應には「三田会」という組織があることを耳にされた方もあるかと思います。宗教学者S先生が研究対象とされたほど、強固な結束を誇るOBOG組織として知られています。
 1999年に法学部政治学科を卒業した私は、今年で卒業10年目。節目の年であると同時に、「連合三田会」という秋の大イベントの幹事が回ってくる年でもあります。これは卒業30年目の先輩方が差配され、20年目、10年目がそれをお手伝いし、40年目の方は招待されるというシステムで構成されている、いわば大同窓会です。
 われわれの代は1999年卒業の「1999三田会」という組織をすでに持っているのですが、この「連合三田会」運営のために、1995年入学or1999年卒業による「140三田会」(卒業が義塾140周年の年の意味?)が組織され、先日、その事実上のキックオフミーティングがあるというので参加してきました。
 懐かしい顔、初めての顔、なんだか見覚えのあるような顔。楽しい時間です。いつもはできるだけ母校の枠を意識しないようにしているのですが、10年に1度、こういう機会はいいですね。10年後には、今年卒業の諸君と一緒に会ができるのでしょうか。それもまた楽しみです。
 本番は10月18日(日)に日吉キャンパスで開催されます。多くのみなさんにお目にかかれることを楽しみにしています。 
 (↓去年の連合三田会の様子)
 
http://www.keio.ac.jp/ja/news/2008/kr7a43000000k5fa.html
 

2009年1月13日  未分類

頂き物―『人物で読む近代日本外交史』、『人物で読む現代日本外交史』

%E8%BF%91%E4%BB%A3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5%8F%B2.jpg     %E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5%8F%B2.jpg

佐道、小宮、服部編『人物で読む近代日本外交史』、『人物で読む現代日本外交史』(吉川弘文館、2008年)
 著者の服部龍二先生、奈良岡聰智先生よりいただきました。ありがとうございます。人物に焦点を当てた外交研究が進む中、体系的に見渡すことのできるのがありがたい。『近代~』には大久保利通から広田弘毅までを、『現代~』には近衛文麿から小泉純一郎まで20名が描かれています。ゼミの導入文献として、ぜひ使ってみたいと思います。
 

2009年1月10日  未分類

SFCホームカミングデー(1月10日)

1 2 3 4 5 6