SFC 清水唯一朗研究室

SFC 清水唯一朗研究室

その他, 研究関係
2019年11月30日
「点―日本人のおなまえっ!」(11月28日)


 NHK総合「日本人のおなまえっ!」で、「学歴社会を生んだ単位『点』」についてお話ししました。

 テレビのお仕事は基本的にお断りしているのですが、今回は番組制作会社の方が拙著『近代日本の官僚』をしっかり読んでいただき、とてもよい企画書を送ってくださったので、お引き受けしました。番組でも、五箇条の誓文による職業選択の自由の原則、文官試験による行政の門戸開放、そのための「点」というかたちで過不足なく伝えていただきました。捜査仕立てで、犯人は伊藤博文という設定だったので、放送後、伊藤のお墓にお詫びに伺いました(写真は墓地にある銅像です)。
 
 自分自身の感想は、「研究室、きれいだなあ」。放送後は国内だけでなく、台湾、アメリカ、ブラジル、ドイツから「見たよ!」と連絡があり、国営放送の影響力を思い知らされました。mK5さん、とてもいい仕事をされるなあと思っていウェブサイトを見たところ、「ガッテン!」や「天才てれびくん」などNHKをメインで仕事されているのですね。納得。
 
 「点」だけでなく、「分」「カロリー」も取り上げられていました。「分」の犯人は福沢諭吉。解説は福沢研究センターの都倉さんでした。
 
 お引き受けしたもう一つの理由は、MCを務める赤木さんがSFCの卒業生で面識があることでしたが、幸い、「赤木アナは何点でしたか」という質問を受けた部分は使われず、ホッとしました。
  
 番組のページはhttps://www4.nhk.or.jp/onamae/x/2019-11-28/21/12955/2291100/