SFC 清水唯一朗研究室

SFC 清水唯一朗研究室

講義関係
2016年7月20日
ヤン・シュミット先生特別講演(7月19日)

04431.JPG04455.JPG
 7月19日、ルーベン・カトリック大学日本学科(ベルギー)よりヤン・シュミット先生をお迎えして特別講義と研究会を行いました。
 特別講義のテーマは”The Future of the Japan and the ’long First World War’? Future Visions and Demands for Reform in Japan, 1914 to 1923″。第一次世界大戦100周年を機に国際的な研究グループを主導してきたシュミット先生から、世界的な秩序変動に伴う国際的な「知の移動」についてお話いただきました。GIGA(英語)講義「日本の近現代」の履修者に加えて、多くの聴講者を交えて活発な議論が行われました。
 講義のあとは、教室を移して日本政治外交ゼミの学期末研究報告。新規メンバーによる研究テーマ初回報告、継続メンバーによる研究中間報告が行われました。幅広いテーマに対して、シュミット先生からは俯瞰的なコメントを多くいただきました。
 夜は、春学期で卒業するメンバーの送別会。要のメンバーの卒業は不安でもありますが、皆で賑やかに送り出しました。
 春学期も終わりです。