SFC 清水唯一朗研究室

SFC 清水唯一朗研究室

RESEARCH LIST

杉田定一著作目録

本リストは、『近現代日本人物史料情報事典』(2003年)に杉田定一(1851-1929)の項目を執筆した際に集めた著作目録です。こちらに収録されていない著作、論文などをご存知の方は、ご教示ください。

杉田定一について

明治大正期の政治家。自由民権運動の先頭に立ち、第一回衆議院議員選挙で福井県から当選。 以後、当選を重ね、北海道庁長官、衆議院議長などを歴任した自由党、憲政党、政友会の重鎮。のち、貴族院議員。

更新履歴

2010年1月2日 保科英人さん(福井大学)よりご提供いただいたデータを追加しました。ありがとうございます。あわせてリニューアル。
2006年3月25日 データ更新。

単著

No. 編著者名・著名 出版年
1 杉田定一『血痕集』 1879
2 杉田定一『経世新論』 1880
3 高倉嘉夫『鶉山詩鈔』 1918

論文・記事

No. 著者・論文名・記事名 出版年 所収雑誌
1 「第一議会に於る海陸軍の方針」 1891 『自由党党報』1号
2 「海軍改革論」 1893 『自由党党報』41号
3 「桜花の態に習ふ勿れ」 1892 『自由党党報』11号
4 「欧米漫遊雑吟」(ペンネーム「鶉山樵夫」で) 1896 『自由党党報』105号
5 「欧米漫遊雑吟(続)」 1896 『自由党党報』109号
6 「欧米漫遊雑吟(続)」(ペンネーム「鶉山樵夫」で) 1896 『自由党党報』111号
7 「欧米羽二重商況視察報告」 1897 『自由党党報』134、135号
8 「羽二重商況に付て英人と問答」 1897 『自由党党報』138号
9 「羽二重商況に付巴黎にて問答」 1897 『自由党党報』140号
10 「羽二重商況に付仏国絹商人と問答」 1897 『自由党党報』141号
11 「欧米漫遊雑感」(福井英人さんご教示) 1901 『政友』4号
12 「杉田定一君の挨拶」 1908 『政友』98号
13 「杉田幹事長の開会詞」 1909 『政友』111号
14 「積極主義と減租」 1909 『政友』115号
15 「支那視察談」 1912 『政友』143号
16 「増師問題に就て」 1912 『政友』146号
17 「政界の一進歩」 1912 『政友』148号
18 「行政整理と対外政策」 1913 『政友』157号
19 「国民自覚の時機」 1915 『政友』177号
20 「欧州戦争と亜細亜」(一)~(三) 1915~6 『政友』188~190号
21 大久保利武「杉田鶉山翁昔日譚」(聞き手:銀城逸民) 1916 『日本及日本人』678号
22 「大亜細亜合従論」 1924 『東洋文化』8号
23 「時事を論じ志士の決起を促す」 1924 『東洋文化』11号
24 「国民自奮の秋」 1925 『東洋文化』17号
25 「刻下の二大急務」 1926 『東洋文化』27号
26 「自由の神 板垣退助」 1927 『キング』3巻11号
27 「自由民権を叫ぶ―獄中で起草した国会開設の建白書」(福井英人さんご教示) 1928 東京朝日新聞社編『その頃を語る』朝日新聞社
28 「米国火保料率の法的保護」 1929 『保険銀行時報』1472号

杉田を扱った研究、記事

No. 著者・書名・論文名 出版年 出版社・掲載先
1 野田与三郎編『日本政党銘々伝』第3編 1882 開成社
2 水戸銘之助編『日本帝国議会議員正伝』 1890
3 布施貞一郎『杉田定一君伝』 1903 桜新聞社
4 「下院議長の競争者杉田定一と大岡育造」 1911 『中央公論』26年12号
5 雑賀博愛『杉田鶉山翁』 1928 鶉山会
6 小久保喜七編『憲政殊勲者年譜集』 1839 小久保昇
7 宮本又久「『集思社』性格について-初期民権思想の一性格-」 1960 『岡山史学』8号
8 小西四郎「杉田定一の大正8年「政界革新私見」 1960 『日本近代史研究』4号 19
9 池内啓「杉田定一の詩文集草稿」 1962 『福井大学学芸学部紀要第三部社会科学』11号
10 佐久高士「或る国士の一面-杉田定一の場合」 1963 『福井大学学芸学部紀要第三部社会科学』12号
11 池内啓「近代日本における民権論・国権論-杉田定一の場合」 1964 『福井大学学芸学部紀要第三部社会科学』13号
12 坂野潤治・伊藤隆「杉田定壱・坪田仁兵衛関係文書にみる明治二十年代の選挙と地方政治」 1965 社会科学研究』17巻1号
13 澤大洋「集思社の小研究」 1968 『東海大学紀要 政治経済学部』20号
14 池内啓「『杉田定一研究ノート』-血痕集とその前史-」 1968 『福井大学学芸学部紀要第三部社会科学』18号
15 池内啓『杉田定一翁』 1969 杉田定一翁顕彰会
16 青少年育成福井県民会議編『若越山脈―郷土に光を掲げた人々』第1集 1970 福井県企画部青少年課
17 水島直文『杉田鶉山翁小伝』 1978 福井豆本の会/td>
18 大槻弘『越前自由民権運動の研究』 1980 法律文化社
19 池内啓「北陸新聞の私草憲法」 1983 『日本歴史』419号/td>
20 「大久保俊夫『衆議院議員候補者列伝 帝国名士叢伝』第2編 1995 大空社
21 清水唯一朗「隈板内閣における猟官の実相-党人、官僚、利権-」 2004 『日本歴史』647号
22 大阪経済大学日本経済史研究所編『杉田定一関係文書目録 2007 大阪経済大学図書館
23 特集 「杉田定一関係文書」が語る世界 2008 『経済史研究』12号
24 保科英人「新聞報道から見た政党政治家杉田定一」 2008 『日本海地域の自然と環境』16号

本ページは科学技術研究費補助金基盤研究(C)「選挙区割と地域政治の基礎的研究』による成果を公開するものです