J. Presper Eckert and John Mauchly

Eckert・Mauchlyコンビは, 最初のデジタルコンピュータであるENIACを設計し, プログラム記憶方式 (Stored Program) を最初に?取り入れたEDVACを設計し, 最初の商用コンピュータであるUNIVAC-Iを作り上げた. 彼らの功績はとても大きく, IEEE Compuyter SocietyではEckert-Mauchly Awardなるものが設立されている. Patterson氏・Hennessy氏を始めとしたコンピューターサイエンティストが受賞している.

http://www.computinghistory.org.uk/userdata/images/medium/56/39/product-75639.jpg

ENIAC (Electronic Numerical Integrator and Computer)

  • 世界で最初のデジタルコンピュータ (とよく言われる)
  • ペンシルバニア大学で設計, 1946年2月に公開
  • プログラムをデータとして保存していなかった. プログラミングは約6000個のスイッチと配線基盤を用いて物理的に行った
  • 計算は2進数ではなく10進数
  • 米陸軍の弾道計算用に設計された
  • サイズ
    • 17468本の真空管
    • 70000個の抵抗器
    • 消費電力は150kW
    • 開発費の総額は49万ドル
    • メモリーは変数が20個、定数が300個
    • 大きさは幅24m、高さ2.5m、奥行き0.9m、総重量30トン

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4e/Eniac.jpg

EDVAC (Electronic Discrete Variable Calculator)

  • フォン・ノイマンも開発に関わったプログラム内蔵方式コンピューター (Program is data)
  • 1952年に完成 (Eckert, Mauchlyがペンシルバニア大を去ったため, 開発が遅れた)
  • フォン・ノイマンも開発に参画. 彼が1945年に公開したEDVACに関する資料が広く配布されたため, フォン・ノイマンがプログラム内蔵方式の提唱者として広く知られるようになった.
    • 軍の機密情報として設計
    • ノイマン参画・プログラム内蔵方式についての論文を勝手に公表
    • これに怒ったEckert・Mauchlyはチームを離れる
    • 開発が遅れ, ケンブリッジ大学数学研究所のEDSACに「世界初のプログラム内蔵方式コンピューター」を奪われる (EDSACは1949年)
  • 計算が2進数 (32ビット) で行われるようになる
    • 加算に846μ秒
    • 乗算に2900μ秒
    • 減算・除算なども可能.
  • っモルには水銀遅延館64本が使用された

https://cdn-blog.adafruit.com/uploads/2017/12/edsac_281229.jpg

UNIVAC (Universal Automatic Computer)

  • 世界で最初の商用コンピュータ
  • 1950年に完成, 1951年にレミントンランド社から発売. 本来は彼らが設立した会社である Eckert-Mauchly Computer Corporation で売るつもりだったが, レミントンランド社に買収されてしまった.
  • 未だに真空管方式
  • 入力はパンチカードで行う. その後磁気テープに変換する.
  • アイゼンハワー vs スティーブンソン 大統領選の結果を予測できたことで話題になった
  • 計算能力
    • 加算に120μ秒
    • 乗算に1800μ秒
  • 「ウルトラセブン」の警備隊本部で使われていたのはUNIVACらしい

https://timedotcom.files.wordpress.com/2016/03/univac.jpeg

Reference


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-27 (木) 03:16:55 (814d)