IBALOG - Concept Walk 日本語版

新しい社会の捉え方を探して。井庭 崇のblogです。

めずらしく小説を読んでいる

小説を無性に読みたくなる時期というのがある。

ほとんど小説を読まない僕にとって、かなりめずらしい感覚だ。

それは突然訪れ、いきなり終る。



ふだんから僕は本をよく読む方だが、それは科学書や思想書などの類の本。

小説に描かれた世界を味わおうという気持ちは、これっぽっちも生まれてこない。

でも不思議なことに、この時期には、逆に科学書などを読む気が失せてしまう。



実は半月ほど前から、その波がやってきている。おそらく、7、8年ぶり。

今回も、それは何の理由もなく始まった。

そんなわけで、めずらしく小説を読んでいる。



僕の印象では、小説には、「生」と「性」について書かれているものが多い。

「生」は「死」との関係において、「性」は「愛」・「苦悩」との関係について。

そういったテーマで、具体的なストーリーが、出来事や会話が、描かれる。



僕が小説を好きになれなかったのは、「死」と「苦悩」が過剰すぎるからだ。

人はよく死ぬし、愛(ときには歪んだ)や葛藤・苦悩で満ちあふれている。

おそらく、人生にはそういうものが必要なときがあって、それを読むことが考えることになったり、救いになったり癒しになったりするのだろう。

(僕の場合、そういうものは思想や科学の知識で埋めようとしていたようだ。)



今回は、少しいつもと違う感覚を味わえている。

「そういうことあるよね」とか「こういうの素敵だな」という気持ち。

そして、「こういう時期って確かにあるね」という懐かしさ。

「もう僕は経験できないけど、そういう人生もあり得るね」という想像。



大人になったというか、思春期からだいぶ離れた年齢になったこともあるだろう。

(まあ、こんなふうに僕は、いろんなことに気づくのが、ふつうの人よりもかなり遅いのである。)

しばらく、楽しめそうだ。
このブログについて/近況 | - | -
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
ARCHIVES
PROFILE
OTHER