中露等が国連に情報セキュリティ国際行動規範案を提出

 北京に行ってヒアリングをしたとき、相手側から3枚の紙を渡された。9月12日に中国、ロシア、タジキスタン、ウズベキスタンの4カ国が国連に提出した情報セキュリティ国際行動規範の案である。

http://news.xinhuanet.com/english2010/china/2011-09/13/c_131134484.htm

(新華網)

http://www.wired.co.uk/news/archive/2011-09/21/code-of-conduct

(Wired UK)

原文は各国にある中国大使館のウェブに載っている。

http://www.chinaembassy.nl/eng/zgyw/t858978.htm

(在オランダ中国大使館)

中露が敵対的行為に情報技術を使うなというのは、ちょっと常識的にはおかしな感じがするが、政治的なポーズなんだろうか。ロシアが数年前から国連で何かを作ろうとしていたのは確かだ。採択はされるのだろうか。

http://web.sfc.keio.ac.jp/~taiyo/wordpress/?p=4562

(ジュネーブのセミナーの話)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です