井庭崇のConcept Walk

新しい視点・新しい方法をつくる思索の旅

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

告知「カオスの生成力」(合原一幸先生 × 木本圭子さん × 井庭崇 鼎談)

今週末11月5日(土)に、東京大学教授の合原一幸先生と、アーティストの木本圭子さんをお呼びし、「カオスがもつ生成力」についての鼎談を行ないます。興味がある方は、ぜひお越し下さい(この鼎談は、授業「複雑系の数理」の一環で行なわれますが、履修者以外の聴講も歓迎します。)。

「カオスの生成力」
(合原 一幸先生 × 木本 圭子さん × 井庭崇 鼎談)
2011年11月5日(土)3・4限(13:00〜16:15)
慶應義塾大学SFC大学院棟 τ11教室にて


Poster_AiharaKimotoIba.jpg


合原 一幸先生
東京大学情報理工学系研究科、および生産技術研究所教授。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了後、東京電機大学工学部や東京大学大学院工学系研究科、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授等を経て、現職。脳の数理や、カオス工学、複雑数理モデルに関する研究に従事。著書に、編著書に、『ニューラルコンピュータ:脳と神経に学ぶ』、『カオス:カオス理論の基礎と応用』、『脳はここまで解明された』、『カオス学入門』、『複雑系がひらく世界:科学・技術・社会へのインパクト』等。

木本 圭子さん
非線形/カオスを用いたプログラムによる映像制作を手がけるアーティスト。現在、JST FIRST 合原最先端数理モデルプロジェクト技術員、および、武蔵野美術大学非常勤講師。多摩美術大学テキスタイルデザイン科卒業。著書に、『Imaginary Numbers』、『談 no.87』(津田一郎×木本圭子 対談「自然の内側にあるもの。なぜ人は時間に魅了されるのか」)等。文化庁メディア芸術祭 アート部門 大賞受賞(2006年)。

井庭 崇
慶應義塾大学総合政策学部准教授。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、同 大学院 政策・メディア研究科博士課程修了。博士(政策・メディア)。総合政策学部専任講師、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院 Center for Collective Intelligence 客員研究員等を経て現職。著書に、『複雑系入門:知のフロンティアへの冒険』(共著)、『社会システム理論:不透明な社会を捉える知の技法(リアリティ・プラス)』(編著)等。
イベント・出版の告知と報告 | - | -

涼しい風景たち

なんだかまだまだ暑い日が続くね。

気持ちだけでも涼しくなれるように、いくつか “涼しい” 写真を。

昨年住んでいたケンブリッジ/ボストンでのショット。


1枚目:凍っているチャールズ・リバー。流れゆく川も、まるごと凍るのだ。

2枚目:朝、通勤中に足元をみたら、氷づけの落ち葉が。赤いまま封じ込められている。

3枚目:純白の大地を歩く。

4枚目:雪化粧の木々は、たくましく見える。

5枚目:MITがあるケンドール駅周辺。氷点下7度くらいかな。


FrozenCharlesRiver.jpg
Charles River, Cambridge, MA, USA. Photograph taken by Takashi Iba, 2009.

FrozenLeaf.jpg
Frozen Leaf, Cambridge, MA, USA. Photograph taken by Takashi Iba, 2009.

SnowFootprint.jpg
Footprints on the Snow, Cambridge, MA, USA. Photograph taken by Takashi Iba, 2009.

SnowFrostenTree.jpg
Snow-Frosted Tree, Cambridge, MA, USA. Photograph taken by Takashi Iba, 2009.

WinterKendall.jpg
Kendall, Cambridge, MA, USA. Photograph taken by Takashi Iba, 2009.
自然と美 | - | -

水と流れと不変性

「水」がある場所には、なんともいえない心地よさがある。

海でも、湖でも、川でもいい。

流れという「変化」と、いつも流れているという「不変性」が、

表裏一体となって、そこにある。


僕が特に好きなのは、波打ち際に樹木が立っている海の風景。

波に足元を洗われながらも、しっかりとその地に根を生やしている。

その樹木は、波と風とともに生きているのだ。


もうひとつの好きな風景は、建物が水に浸っている町。

持続的な建造物と、流れゆく水。

持続的ではない町と、存在しつづける自然。


無色透明の水が、きれいな青や緑の色を放つ。

ときおり見せる、なめらかな表情。

人類の歴史なかで、幾度となくメタファーとなり、

想像力をかきたててきたというのが、わかる気がする。


FloridaBeach.jpg
Florida, USA. Photograph taken by Takashi Iba, 2009.

VeniceWaterway.jpg
Venice, Italy. Photograph taken by Takashi Iba, 2009.

NiagaraFalls.jpg
Niagara Falls, Canada. Photograph taken by Takashi Iba, 2009.
自然と美 | - | -
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
ARCHIVES
PROFILE
OTHER