井庭崇のConcept Walk

新しい視点・新しい方法をつくる思索の旅

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「創造性資源の枯渇」の時代から「ナチュラル・クリエイティビティ」へ

これまであちこちで語ってきたように、僕はこれからの時代は「創造社会」(creative society)と呼び得る時代であると考えている。以前(1998年〜)は「自己革新的な社会」と呼んでいたが、その後(2010年頃〜)「創造社会」という言い方で表現してきた。Consumptionの「消費社会」から、Communicationの「情報社会」へ移り、Creationの「創造社会」に移行していく、というように3つのCの変化で時代の流れを論じてきた。

自分たちで自分たちのモノや環境、仕組み、意味、価値、生き方などをつくっていく時代。誰かにつくってもらったものを消費するというだけではなく、誰もが「つくり手」側にまわることができる時代。すべてを自分でつくるわけではないが、つくろうと思えばつくることが可能な時代。そのような時代を「創造社会」(クリエイティブ・ソサエティ)という言葉で表現しているのである。

この創造社会について、最近違う角度から考えているので、そのことを書き留めておきたい。

社会が多様化・複雑化・流動化するにつれて、新しい状況に対応したり、問題を解決したり、新しいものを生み出したりすることが求められ、これからますますそれに見合う創造性が求められるようになる。しかしながら、これまでのように一部の人が創造性を発揮して、それを多くの人が享受するというやり方ではうまくいかなくなっている。それにも関わらず、多くの人が、誰か天才が現れて一気に解決してくれるというような、ヒーロー待望論のようなものを漠然と抱いているように思う。

20世紀は、エネルギーの時代であった。エネルギーによって産業が栄え、エネルギー資源をめぐり国家間の戦争が起きた。我々の住む21世紀は、クリエイティビティの時代となる。僕は、エネルギー資源のように「創造性資源」(Creativity Resource)と呼んでいるが、創造性資源こそが鍵を握ることになる。エネルギーの獲得と同様に、クリエイティビティをいかに発掘し、調達し、確保するのかは、個人の生活の意味でも、経済における生き残りにおいても、国家戦略的にも、重要なイシューであり、不可避な課題である。しかしながら、これまでのようなやり方では、「創造性資源の枯渇」(Exhaustion of Creativity Resource)は不可避である。いや、現に枯渇により、問題が生じていると言えるだろう。

石油資源を輸入していたように、多くの人が海外から創造的人材の輸入に熱心である。自分のところに資源がないからと、よそから買うしかないという感覚である。これでは、石油資源の限界が成長の限界を定めたように、創造人的材の限界が成長の限界であると予言される日は近いだろう。

昨年くらいから流行的な話題となっている人工知能(AI: Artificial Intelligence)は、今後研究開発が加速し、人間を超えるレベルに到達するシンギュラリティの段階の恐怖が、よく聞かれるようになった。それは、アーティフィシャルな(人工的な)創造性といえる。その段階での人工知能は、エネルギーでいうと原子力発電にあたる技術であると言える。人間や社会にとって便利で効率的である一方、人類を滅ぼすほどの強烈なパワーをもった危ういものでもあり、私たちの社会・組織はそれをきちんとコントロール・管理できるのかというと、実に怪しいという意味においてである(AIは原発のようなものであるということは、テスラのイーロン・マスクも同様の発言をしているようである)。

このような人工的な創造性の世界はこれからも研究・開発は止まらずに加速していくと思われるが、僕が重視したいのは、アーティフィシャル(人工的)な方の創造性ではなく、より人間的で自然な創造性である。これを、「ナチュラル・クリエイティビティ」(自然クリエイティビティNatural Creativity)と呼びたい。「ナチュラル・クリエイティビティ」は、人間が持っている創造性のことであり、エネルギーで言うならば、太陽光や風力、水力などの「自然エネルギー」(natural energy)に対応するものである。

一部の希少な資源(石油や天才)に頼るのではなく、強力だが危うい技術(原子力や人工知能)に頼るのでもなく、各地域や組織のそれぞれの人が身の丈に合った小さな力(自然エネルギーやナチュラル・クリエイティビティ)を集めて活かしていくことこそが、これからの未来を切り拓く道である。

自分たちで「つくる」時代である創造社会は、各人のナチュラル・クリエイティビティを高め、それを活かしていく方法や組織、文化が重要となる。そのためには、現状の考え方ややり方から変化させなければならない。創造的なシフト、すなわち「クリエイティブシフト」が不可欠である(これが僕の会社「クリエイティブシフト」の名前の由来である)。僕は、パターン・ランゲージを始めとする言語化・共有の方法を駆使して、このナチュラル・クリエイティビティの支援を行なっていきたい。

NaturalCreativity440.jpg
創造社会論 | - | -

SFC「創造社会論2014」対談まとめ(全回 映像公開中!)

この春から新しくSFCに設置された科目「創造社会論」では、毎回ゲストの方をお呼びして、創造的な社会のあり方や生き方について語り合いました。

今年度は「デザイン」「空間」「商い」「教育」「地域」「文化」「生き方」をテーマに掲げ、以下の方々にお越しいただきました。

【デザイン】水野 大二郎さん(慶應義塾大学環境情報学部専任講師)
【空間】中川 敬文さん(UDS株式会社 代表取締役社長)
【商い】小阪 裕司さん(オラクルひと・しくみ研究所代表 / ワクワク系マーケティング実践会主宰)
【教育】市川 力さん(東京コミュニティスクール 校長)
【地域】飯盛 義徳さん(慶應義塾大学総合政策学部教授 / 特定非営利活動法人鳳雛塾ファウンダー)
【文化】ドミニク・チェンさん(株式会社ディヴィデュアル / コモンスフィア理事)
【生き方】四角 大輔さん(Lake Edge Nomad Inc.代表)


各対談の詳細や写真、対談映像などは、以下のページに掲載されています。

  • 水野大二郎×井庭崇 対談「デザイン」
    MizunoIba.jpg


  • 中川敬文×井庭崇 対談「空間」
    NakagawaIba.jpg


  • 小阪裕司×井庭崇 対談「商い」
    KosakaIba.jpg


  • 市川力×井庭崇 対談「教育」
    IchikawaIba.jpg


  • 飯盛義徳×井庭崇 対談「地域」
    IsagaiIba.jpg


  • ドミニク・チェン×井庭崇 対談「文化」
    ChenIba.jpg


  • 四角大輔×井庭崇 対談「生き方」
    YosumiIba.jpg
  • 創造社会論 | - | -

    【映像公開】四角大輔×井庭崇対談「創造社会論:生き方」

    創造社会論」の7人目のゲストは、四角大輔さん(Lake Edge Nomad Inc.代表)でした。

    最終かにあたる今回は、四角大輔さんと「創造的に生きる」ということについて語り合いました。とても刺激的でクリエイティブな対談でした!

    東京とニューヨークを行き来しながら、ニュージーランドの湖畔で自給自足の生活を送っている四角さん。バリバリのミュージシャンのプロデューサーから、そのような生活にシフトできたのはなぜ?

    場所の制約を受けない働き方はどういう感じ?

    自分が暮らすために必要な「ミニマムライフコスト」を知る大切さ。

    街の中でのクリエイティビティと、自然の中のクリエイティビティ。

    稼ぐ力とは違う、本当の意味で「生きていく力」。

    左脳はマーケティングの嵐にやられている。

    まず、心で感じることを大切にして、それから左脳ですごく考える。

    頭のなかでのシミュレーションは大切。

    未来イメージは、漠然としているもの。具体的であったなら、疑ったほうがよいかもしれない。

    Future Mining=未来イメージを自分の中から掘り出していく。

    みんなそれぞれいびつで、普通なんてない。

    人生は実験だ。

    一人になって静かに考える場所(シンキング・プレイス)、つまり、「ザ・フォース・プレイス(第四の
    場所)」が必要だ。

    一緒に仕事をする仲間、「ゆるギルド」。

    プロデュースで大切なこと。

    などなど、かなり面白い話がたくさんできました!
    (上のリストは、四角さんが話したものと僕が話したものが混じっています。)


    創造社会論 第13回(映像&スライド)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+13+1

    創造社会論 第14回(映像)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+14+1


    Yosumi1.jpg

    Yosumi2.jpg

    Yosumi3.jpg

    Yosumi4.jpg
    創造社会論 | - | -

    【映像公開】ドミニク・チェン×井庭崇対談「創造社会論:文化」

    創造社会論」の6人目のゲストは、ドミニク・チェンさん(株式会社ディヴィデュアル / コモンスフィア理事)した。

    「クリエイティブ・コモンズ」(CC)の話から始まり、「TypeTrace」をはじめとした開発ソフトウェアの紹介へ。そこから、ドミニク・チェンさんが重視しているヴァレラらの「autopoiesis」(オートポイエーシス)や、ギブソンの「active touch」(能動触)、エリクソンらの「generativity」(世代継承性)の概念へと移り、「始まりもなければ終わりもない」「学習は終わらない」「読むことは書くこと」という話に。

    さらに、創造とはどういうことか、創造とコミュニケーションの関係はどうなっているのかについて、僕(井庭)の創造システム理論の紹介も交えながら語り合った。

    変えることが難しい既存の制度の上に新たなレイヤーを重ねてそこで創造の連鎖が起きる仕組みをつくるということ、そして、対象の内側に入ってシステムの改変するということについて、考察・議論のための重要な一歩を踏み出した対談でした。まだまだ語り合い足りないので、次の機会もぜひつくりたいと思います。


    創造社会論 第11回(映像&スライド)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+11+1

    創造社会論 第12回(映像)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+12+1

    Chen1.jpg

    Chen2.jpg

    Chen3.jpg

    Chen4.jpg

    Chen5.jpg

    Chen6.jpg
    創造社会論 | - | -

    【映像公開】飯盛義徳×井庭崇対談「創造社会論:地域」

    創造社会論」の5人目のゲストは、飯盛 義徳さん(慶應義塾大学総合政策学部教授 / 特定非営利活動法人鳳雛塾ファウンダー)でした。

    飯盛(いさがい)さんは、1990年代後半から、「自分で考えて、自分で決めて、行動できる人」を育てる「鳳雛塾」を立ち上げ、ケースメソッドを中心に人材育成に取り組んできました。鳳雛(ほうすう)というのは、未来の英雄という意味で、地域のリーダーになるような人を育てていきたいという思いがあったといいます。

    ケースメソッドのケースも、当初はビジネススクールで用いられるようなものを使っていたのですが、やはり自分たちと遠い大規模なビジネスのケースだとリアリティがないということで、自分たちの教材、しかも映像も駆使した新しいケース教材を開発してきたということです。

    現在、全国に「○○鳳雛塾」というのが広がっており、これから連携も進んでいくと思われます。対談では、ケースメソッドとパターン・ランゲージの類似点や違いなども多く語り合いました。


    創造社会論 第9回(映像&スライド)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+09+1

    創造社会論 第10回(映像)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+10+1


    Isagai1.jpg

    Isagai2.jpg

    Isagai3.jpg

    Isagai4.jpg
    創造社会論 | - | -

    【映像公開】市川力×井庭崇対談「創造社会論:教育」

    創造社会論」の4人目のゲストは、市川力さん(東京コミュニティスクール校長)でした。

    「探究するコミュニティづくり」のために「自ら探究し続ける」「おっちゃん」市川さんと、これからの学びの場・教育のあり方についてアツく語り合いました。とても重要な話ばかりで、めちゃくちゃ面白かった!

    ●教育のWhat(何をやるのか)やHow(どうやるのか)ではなく、Why(なぜやるのか)を考えたい

    ●スクールフリー=脱『学校』的教育観

    ●みんなが頭グルグル、体イキイキ、心ワクワク

    ●「生成的な参加者」(Generative Participant, Generator)

    ●自己肯定感は、自己中から始まる

    ●ミッションの段階的発展「My Discovery」→「Your Discovery」→「Our Discovery」の My から
    Your にはどうやったら上がることができるのか?

    ●面白がる

    ●言葉の重なりから発想が広がる「だじゃれ発想法」

    ●キラキラワードの「個性」ではなく「変」が重要

    ●「みんなのそれぞれのマイノリティなところ」

    ●「偏差値」ではなく「変さ値」

    ●普通から差異をつくる

    ●ソクラテスのハチャメチャ感が重要

    ●挑発文化

    ●半教半X

    ●探究コミュニティ(TQ Community)

    ●探究者は偶然を必然にしていく


    創造社会論 第7回(映像&スライド)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+07+1

    創造社会論 第8回(映像)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+08+1


    Ichikawa3.jpg

    Ichikawa2.jpg

    Ichikawa4.jpg

    Ichikawa5.jpg

    Ichikawa6.jpg

    Ichikawa1.jpg
    創造社会論 | - | -

    【映像公開】小阪裕司×井庭崇対談「創造社会論:商い」

    創造社会論」の三人目のゲストは、小阪裕司さん(オラクルひと・しくみ研究所代表/ワクワク系マーケティング実践会主宰)でした。

    町の商店やスーパーが客の心をつかんで感動を呼び、売り上げが劇的に伸び、仕事の楽しみを再発見したりするなんてことが、どうして可能なの?

    それが全国各地って本当?

    いわゆる「ふつうの人」がどうしたらそんなにクリエイティブなモードへ変化できるの?

    千数百社からなる実践コミュニティをどうやって運営・サポートしているの?

    そんな直球の質問をお聞きしながら、「心の時代」にものを売るとはどういうことなのかについて考えました。

    かなり面白い対談でした!


    創造社会論 第5回(映像&スライド)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+05+1

    創造社会論 第6回(映像)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+06+1



    cresoc3-1.jpg

    cresoc3-2.jpg

    cresoc3-3.jpg

    cresoc3-4.jpg

    cresoc3-0.jpg
    創造社会論 | - | -

    【映像公開】中川敬文×井庭崇対談「創造社会論:空間」

    創造社会論」の二人目のゲストは、中川敬文さん(UDS株式会社 代表取締役社長)でした。中川さんのUDS株式会社が手がけたコーポラティブ・ハウスやユニークなホテル、コワーキング・スペースなどの事例を交え、主体的な行動とゆるやかなつながりを誘発する場づくりについてお話をお聞きしました。

    複数の機能を重ね合わせるということ、企画・設計だけでなく運営やイベント開催までをも含めて引き受けること、そして、それを集客やビジネスにきちんとつなげていくこと。中川さんの「フライング気質」でスピード感のある行動の背後にある考え方とは? とても重要で興味深い対談でした!

    創造社会論 第3回(映像&スライド)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+03+1

    創造社会論 第4回(映像)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+04+1


    cresoc2-2.jpg

    cresoc2-3.jpg

    cresoc2-5.jpg

    cresoc2-1.jpg

    cresoc2-0.jpg


    Link
    Serendipity:創造社会論【空間】@慶応SFC「WHYを問う」
    (中川さんのブログ)
    創造社会論 | - | -

    【映像公開】水野大二郎×井庭崇対談「創造社会論:デザイン」

    慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)で2014年春学期に僕が担当している新規科目「創造社会論」では、各界で創造的な活動をされている方々をゲストとしてお呼びし、対話しながら創造・実践の秘訣をパターン・ランゲージにまとめるという授業をしています。

    この授業では、対談の映像をすべて無料で一般公開しています。SFC-GC(Global Campus)というサイトで公開されているので(創造社会論2014)、興味があるテーマの回をぜひご覧ください。

    cresoc-poster.jpg

    cresoc1-1.jpg


    初回のゲストは、水野大二郎さん(慶應義塾大学環境情報学部専任講師)でした。

    水野さんの取り組んでいるDESIGN EASTやファッション、FABなどの事例紹介を交えながら、創造を誘発する場やコミュニティのつくり方や、創造的な社会における生き方や働き方、デザインの研究・実践について語り合いました。創造社会についてのイメージを膨らませるとともに、高度な話もできて、とても刺激的な対談でした!

    創造社会論 第1回(映像&スライド)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+01+1
    SFCGC1.jpg



    創造社会論 第2回(映像)
    http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/flv/flv_play_gc.cgi?2014_38368+02+1
    SFCGC2.jpg




    Photos

    cresoc1-7.jpg

    cresoc1-2.jpg

    cresoc1-6.jpg

    cresoc1-3.jpg

    cresoc1-4.jpg

    cresoc1-5.jpg

    cresoc1-0.jpg
    創造社会論 | - | -

    応急処置的な社会から、自己革新的で創造的な社会へ

    いま私たちが感じている閉塞感がどこから来るのかを辿っていくと、その根本には、現在の社会が「応急処置的な社会」であるという点に行き着くように思う。

    日々目新しい商品やサービス、情報が生まれてはいるものの、根本的なところで新しいものを「つくる」こと、そして既存のものを「つくり直す」ということが回避される。そのための議論もいつのまにか封じ込められ、とりあえず問題を大きくしないためのパッチを当てて、やり過ごされる。

    この傾向は社会全体に言えるだけでなく、組織やコミュニティにおいても同様である。状況が変わり、新しい問題が生じていても、私たちは依然として過去の仕組みや考え方にしがみつき、そこから離れることがますます難しくなっている。


    これは、個々人の意識・意欲の衰弱であるとともに、そのような逸脱を引き戻す社会・組織的な引力によるものだと考えることができる。応急処置的な社会・組織では、いくつかの理由によって、「つくる」こと、「つくり直す」ことが回避・封印される。

    第一に、「過去の成功」によるものが、まだそれなりに機能しているという理由である。「これはこれで、なかなかうまくできている。歴史的にも実証されてきた。新しいものがよりよいとは限らないよ。」というわけである。

    第二に、変革には「コスト」が膨大にかかるという理由である。「すでに今あるのだから、よいではないか。これを捨てて新しいものをつくるのは、とてもコストがかかって大変だよ。お金も、時間も、労力もかかる。」ということになる。

    第三に、どのようにつくるのかという「方法の忘却」という理由もある。「あのころは必死だったから、無我夢中でつくったものだ。でもね、もうああいうのは、おすすめできない。そもそもどうやってつくったのか、思い出せないよ。とにかく、ああいうのはあのときだけでいい。」と言われてしまい、それ以上話が続かない。


    このような理由で、新しいものを「つくる」ことや、既存のものを「つくり直す」ことへの道が封じられることになる。抜本的な改革は先送りされ、応急処置的にパッチを当てて、なんとかその場をしのぐということになる。

    個々人にとっても、心のどこかで、「まあ、たしかに現存のものでも、まだなんとかなる」という気持ちがあり、何か大きなアクションに移そうという気も起きない。こうして、不満や違和感を感じながらも、時間だけが過ぎていく。


    このまま行くと、私たちの未来はどうなってしまうのだろうか。

    当然、古い制度・仕組みにがんじがらめになったまま、そこから抜け出せないという未来が見えてくる。しかも、現在の仕組みをつくった世代が引退すれば、当然後に残るのは、自分たちの社会・組織を「つくったことがない世代」である。こうして、社会・組織から「つくる能力・経験」の喪失が起きてしまうと、そこから抜け出すことはより一層難しくなる。

    なんとか低空飛行を続けることができるかもしれないが、社会的破綻へと至る可能性も否定できない。


    私たちは、そのようなシナリオとは別の未来を生きることはできないのだろうか?


    こういうとき、いつも私の頭をよぎるのは、アラン・ケイの次の言葉である。

    「未来を予測する最善の方法は、自ら未来をつくるということである」
    (The best way to predict the future is to invent it.)

    この言葉に象徴されるように、現在の延長線上の未来を見て、それをただただ傍観者として眺めているのではなく、自ら積極的に未来にコミットしていくという姿勢が大切だろう。

    自分がコミットするのであれば、どのような未来がよいだろうか?

    ここでは、そのポジティブな未来シナリオを描いてみることにしたい。

    まだ漠然としていて、具体性に欠けるシナリオではある。しかし、そういうことを語り始めることこそが、今まさに必要なことなのだと思う。


    そのポジティブな未来とは、「自己革新的で創造的な社会」である。

    自分たちで自分たちの仕組みをつくり、つくり直していく社会 ——— このような社会を「創造社会」(Creative Society)と呼ぶことにしたい。

    創造社会では、多くの人が、自分たちで自分たちのモノ、認識、仕組みをつくる。現在、誰もが生活や仕事のなかでコミュニケーションを行なっているように、創造社会では誰もがクリエイションをごく当たり前のこととして行なうようになる。

    これまで、何かを消費し、コミュニケーションをすることが生活・人生の豊かさであったのと同じように、何かをつくるということが、生活や人生の豊かさを象徴するようになる。


    このような創造社会では、つくるための「道具」が整備されていく。誰でも自分の思い描いたものをつくり出すことができる道具を手に入れるようになる。

    そして、それを複数人でコラボレーションしながらつくるための「場」も用意される。これにはリアルな場もあれば、ヴァーチャルなプラットフォームの場合もある。

    さらに、「つくる能力の共有・継承」も行なわれるようになる。どのようなつくればよいのかというノウハウがマニュアルやレシピとして共有されるだけでなく、良質なものを生み出すためにどのような発想・視点・感覚でつくればよいのかというコツも共有・継承されることになる。

    このような未来に向かうような準備・仕込みをすることで、現在の延長である暗い道からテイクオフすることができるのではないだろうか。


    上述のなかで最も難しいのが、一番最後に挙げた「良質なものを生み出すための発想・視点・感覚の共有・継承」である。

    マニュアルがあるだけでは、必ずしも「うまく」実践することはできない。レシピがあるだけでは、つくることはできたとしても、「感動的な」ものをつくることができるようになるわけではない。「良質なものを生み出すための発想・視点・感覚の共有・継承」が必要なのだ。しかし、そのような方法論は整備されていない。そのためのイノベーションが、今まさに求められているのである。


    私は、この「良質なものを生み出すための発想・視点・感覚の共有・継承」のために、「パターン・ランゲージ」という方法が役に立つと見ている。

    パターン・ランゲージとは、いきいきとした良質なものを生みだすための生成的な言語である。

    もともとは「いきいきとした質をもつ街や住まい」のつくり方の記述方法として考案されたものだが、その後、ソフトウェアや人間行為のデザインに応用された方法である。

    パターン・ランゲージでは、個々の創造領域において「質がよいとはどういうことか」、そして「それをどのようにつくることができるのか」ということが記述される。その実践的な力やセンスを、生成的(generative)な側面に着目して取り出し、共有・継承していく ——— それがパターン・ランゲージが目指すところである。

    生成的な側面に着目するというのは、生み出された「結果」に見られる共通点を抽出するのではなく、良質な結果を生み出す「プロセス」における共通点を抽出するということを意味している。それゆえ、「パターン・ラゲージ」の「パターン」とは、結果(生み出されたもの)におけるパターンではなく、生成におけるパターンのことを指しているのである。パターン・ランゲージでは、生成のパターンを記述・共有することによって、生成の実践が支援されるのである。


    このような生成的な側面に着目して「過去の成功」を読み解き、パターンという小さな単位にまとめ、それを踏まえて「つくる」「つくり直す」ことができるようになれば、ゼロから始めるのとは異なり、成功確率の面でもコストの面でも実行可能性への期待が持てるようになる。また、その時代その時代の方法が明示化され、共有・継承されていくことによって、社会・組織における「つくる」「つくり直す」能力の再生産が可能になる。


    以上のような考えのもと、パターン・ランゲージというメディアによって、現在の「応急処置的な社会」を脱し、「自己革新的で創造的な社会」へと向かうことの後押しができるのではないか ——— そのような思いで、私(たち)は、日々、パターン・ランゲージの研究に取り組んでいる。
    創造社会論 | - | -
    CATEGORIES
    NEW ENTRIES
    RECOMMEND
    ARCHIVES
    PROFILE
    OTHER