井庭崇のConcept Walk

新しい視点・新しい方法をつくる思索の旅

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017年1月28日(土)に井庭研 最終発表会を開催します!プログラム公開!

2017年1月28日(土)に、井庭研 最終発表会を開催します。

会場は、慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)大学院棟 τ11教室。時間は、 9:40開場、10:00〜17:40頃 の予定です。

秋学期末なので、この学期で卒業する修士2年生や学部4年生の発表があります(修論発表2件、卒業プロジェクト発表7件)。また、いつも通り、井庭研のプロジェクトの最新の成果発表もあります(ここでしか配られない冊子もいろいろあります)。午前の最初に、僕の基調講演もあります。

とても創造的で刺激的な時間になると思います。みなさん、ぜひお越しください!

学外の方の聴講も歓迎です。 聴講希望の方は、早めに、こちらの「【井庭研究室】 最終発表会受付フォーム」より事前登録をお願いいたします。ランチのお弁当の注文などの項目もありますので、お早めにお申し込みください。

IlabConf440.jpg


井庭研 2016年度最終発表会
日時:2017年1月28日(土)09:40開場 10:00~17:40
場所:慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス 大学院棟 τ11(タウ11)教室

《オープニングセッション》 (10:00~10:20)

《キーノートセッション》 (10:20~10:50)

  • 「Natural & Creative Living Lab:これから井庭研で取り組みたいこと」(井庭崇)


《コーヒーブレイク》 (10:50~11:00)


《セッション1:パターン・ランゲージ》 (11:00~12:15)

  • 「『対話』の実践知に関する考察:オープンダイアローグパターンの作成を通じて」(Open Dialogue Project)

  • 「ワクワク系マーケティングパターン」(共感マーケティング プロジェクト)※小阪裕司さんとの共同研究

  • ”Patterns for Writers: The Art and Struggle Deciphered” (Marino Kinoshita & Nur Nameerah Mohd Fadzil) ※in English

  • ”Relaxation pattern: how to relax your stressful student life” (Howe Lim) ※in English

  • 「日々の世界のつくりかた:自分らしく子育てしながら働くためのパターン・ランゲージの作成と実践」(日々の世界プロジェクト)※花王株式会社さんとの共同研究


《ランチブレイク》 (12:15~13:00)


《セッション2:方法論》 (13:00~14:15)

  • 「旅のことばを探す旅:アクションリサーチを用いた旅のことばの活用法の探求と実践」(旅のことば活用プロジェクト)

  • 「対話に関するナレッジの体系化と活用方法の提案」(長井雅史)

  • 「Student Residence Language:創造的になれる住まいをつくることば」(Student Residence Language Project)※UDS株式会社さんとの共同研究

  • 「創造社会のヴィジョン:社会の未来を描く方法の探究」(Creative Society Vision Project)

  • 「料理の楽しみ方を共有する:Cooking Fun Languageの探求」(Cooking Project)※クックパッド株式会社さんとの共同研究


《コーヒーブレイク》 (14:15~14:25)


《セッション3:卒業プロジェクト》 (14:25~15:42)

  • 「心も身体も元気な生き方の支援方法の探求:パターン・ランゲージの作成とワークショップの実践を通して」(小暮桜子)

  • 「TBD」(赤土由真)

  • 「ひとづくりを支援する言葉づくりをめざして」(原島裕志)

  • 「料理の習慣化を促す手法の探求」(柴田汐理)

  • 「言語と非言語の表現力:自分らしさのアウトプットとは」(浅野玲子)

  • 「TBD」(木村紀彦)

  • 「女性がいきいきと働くための実践知と企業の取り組みへの応用:女性の生き方に着眼した3つのパターン・ランゲージを通して」(雀部亜莉子)


《コーヒーブレイク》 (15:42~16:00)


《セッション4:修士論文発表》 (16:00~17:00)

  • 「気づきのメディアとしてのパターン・ランゲージ:Ethical Lifestyle Patternsの制作とその活用」(鎌田 安里紗)

  • 「クッキング・ランゲージ:創造社会における料理支援ツールの制作」(伊作太一)


《コーヒーブレイク》 (17:00~17:10)


《クロージングセッション》 (17:10~17:40)


上記タイトルは、現段階での仮タイトルです。
井庭研だより | - | -

2016年に育てた野菜と果物

2016年は、庭とプランターで約50種類の野菜・果物を育てました。

ほうれん草、いちご、さといも、ブラックベリー、わけぎ、サニーレタス、きゅうり、モロヘイヤ、スナックえんどう、ロマネスコ、クレソン、ゆず、ケール、玉ねぎ、ピーマン、デラウエア(ぶどう)、らっきょう、ブルーベリー、にんにく、柿、水菜、巨峰(実はうまく育たず)、パセリ、きんかん、サンチュ、ミニトマト、にら、じゃがいも、春菊、温州みかん(今冬は実がならず)、芽キャベツ、しそ、マスクメロン(失敗)、みつば、バジル、トマト、ミニキャロット、パパイヤ(実は育たず)、オクラ、しそ、みょうが、セロリ、なす、花桃、しいたけ、ゴーヤ、茎ブロッコリー、豆苗、さやえんどう。

garden2016_440.jpg

2017年も、まだ育てたことがない野菜にチャレンジしてみたいです。

「2015年につくった野菜・果物・穀物」
「2014年に庭で栽培した野菜と果物」
食と農 | - | -

2016年を振り返る:成果発表・活動等一覧(講演・対談等)

講演・対談・ワークショップ

  • 井庭崇, 「井庭塾[特別編]」, CreativeShift, 2016年2月

  • 井庭崇, 「井庭塾[特別編]2」, CreativeShift, 2016年2月

  • 井庭崇 × 山内祐平 × 熊坂賢次, 「教育と学びにおける創造性と多様性」, CIEC 20周年記念シンポジウム, 2016年3月 【Web記事/ 『コンピュータ&エデュケーション』(Vol.41)掲載

  • 井庭研究室, 「自分なりの自然な暮らし方 ~身近な食から自然や社会との関わりを考える Natural Living Patterns ワークショップ~」, d-labo 湘南, 2016年3月 【告知

  • オオニシタクヤ × 井庭崇,「エネルギー・デザイン」, 創造社会論, 2016年4月【映像:前半/後半

  • 下河原忠道 × 井庭崇, 「高齢化社会の生き方」, 創造社会論, 2016年4月【映像:前半/後半

  • 山崎大祐 × 井庭崇, 「ソーシャル・ビジネス」, 創造社会論, 2016年4月【映像:前半/後半

  • 馬場正尊 × 井庭崇 × 梶原文生, 『プロジェクト・デザイン・パターン』 出版記念トークイベント, LEAGUE, 2016年5月 【告知
  • 鎌田安里紗 × 伊作太一 × 井庭崇, 「ナチュラル & クッキング」, 2016年5月【映像:前半/後半

  • 鈴木寛 × 井庭崇, 「教育改革」, 創造社会論, 2016年5月【映像:前半/後半

  • 岩瀬直樹 × 井庭崇, 「学びの場づくり」, 創造社会論, 2016年5月【映像:前半/後半

  • 須藤シンジ × 宮川祥子 × 井庭崇, 「超福祉とFab看護」, 2016年6月【映像:前半/後半

  • 内藤泰宏, 井庭崇, 「SFCにおける『学び』と『学び方』, SFC Open Campus 2016, 2016年6月

  • 太田喜久子, 真志田祐理子, 井庭崇, 「『旅のことば』を用いたグループワーク」, 慶應義塾大学 看護医療学部「老年発達援助論」, 2016年6月

  • 井庭崇, 「Community Language(UDSらしさ) ワークショップ」, UDS株式会社, 2016年6月【ブログ

  • 井庭崇, 「プロジェクト・デザイン・パターン」井庭崇氏トークイベント, Book Lab Tokyo, 2016年7月【告知

  • 井庭崇, 「新しいメディア・リテラシー教育の方法と実践事例」, 神奈川県立総合教育センター 総合教育センター研修講座, 2016年7月【告知

  • 井庭崇, 中川敬文, 「『プロジェクト・デザイン・パターン』 出版記念 第2弾 〜カードワークショップで学ぶ『企画のコツ』実践編〜」, LEAGUE, 2016年7月【告知

  • 井庭崇, 琴坂将広, 「パターン・ランゲージ作成ワークショップ ~よりよい未来をつくる言葉をつくる~」, 未来構想キャンプ, 2016年8月【告知

  • 井庭崇, 「アクティブ・ラーニング・パターンを用いたワークショップ」, OECD日本イノベーション教育ネットワーク 第4回教員研修, 2016年8月

  • 井庭崇, フューチャー・ランゲージワークショップ「自分らしい『働き方』を考える」, UDS株式会社, 2016年8月【ブログ

  • 市川力 × 井庭崇, 「クリエイティブ・ラーニング」, CreativeShift, 2016年8月

  • 井庭崇, 「働き方の未来をデザインする:『プロジェクト・デザイン・パターン』」, SYNQA, 2016年8月【告知

  • 井庭崇, 「創造的プレゼンテーションのためのパターン・ランゲージ」, 横浜市立大学 医学教育センター 医学科・看護学科合同 Faculty Development, 2016年8月 【報告

  • 井庭崇, 「プロジェクト・デザイン・パターン研修」, コクヨ株式会社, 2016年9月

  • Joseph Yoder, 井庭 崇, 「パターン・ランゲージとは何か」+ミニワークショップ(コラボレーション・パターン), LEAGUE, 2016年10月【告知

  • 田中 浩也, 西野 嘉之, 木村 亮介, 井庭 崇(司会), 「創造する世界へのイノベーション」, ソフトピアジャパン 20周年記念シンポジウム, 2016年10月 【告知

  • 井庭崇, 小阪裕司, 「価値創造力の育成 ~実践知を伝承する方法『パターン・ランゲージ』の紹介と体験~」, モノづくり日本会議 グローバル競争力強化関連事業, 2016年11月 【告知 / 新聞掲載

  • 鈴木 寛, 伊藤 大輔, 米澤 貴史, 金井 達亮, 束原 和郎, 井庭 崇, 「主体性と創造性を引き出す教育改革: パターン・ランゲージによるアクティブ・ラーニング先進事例」, SFC Open Research Forum 2016 (ORF2016), 2016年11月【告知

  • 関根 牧子, 小村 晃雅, 森 祐美子, 井庭 崇, +花王株式会社・井庭研究室プロジェクトメンバー, 「“子育てをしながら心豊かに働く”ためのヒント:パターン・ランゲージによる対話と発想」, SFC Open Research Forum 2016 (ORF2016), 2016年11月 【告知

  • 池田 拓司, 岩波 純生, 宇都宮 嘉宏, 笠井 崇, 猿渡 敬志, 中川 敬文, 井庭 崇, 「個人のコツを組織の力に: パターン・ランゲージ3.0のビジネス活用最新事例」, SFC Open Research Forum 2016 (ORF2016), 2016年11月【告知 / ブログ

  • 井庭崇研究室, 「ライトニング・ワークショップ:パターン・ランゲージ活用100連発」, SFC Open Research Forum 2016 (ORF2016), 2016年11月【告知

  • 井庭崇, SFC Culture Languageを用いたSBCの今後を考えるワークショップ, SBC実践(スチューデント・ビルド・キャンパス実践), 2016年11月



  • 音楽

  • 詞:真友ジーン × 井庭崇 / 曲:真友ジーン, 「日々の世界」(ORF2016 demo ver)【音源・歌詞



  • 冊子

  • 井庭研究室 × 花王株式会社, 『日々の世界のつくりかた:自分らしく子育てしながら働くためのヒント』, 2016年11月 【ニュースリリース1 / ニュースリリース2



  • デザイン

  • PDP(プロジェクト・デザイン・パターン)カード

  • PDP(プロジェクト・デザイン・パターン)クリアファイル

  • Pattern Experience Chart



  • メディア掲載

  • "How to live with dementia: New book helps transform sufferers' lives", Sunday Express, UK, Jan 3, 2016 【記事

  • 永田久美子, 朝日新聞 2016年4月17日朝刊 [読書]面 「(ひもとく)認知症、共に生きる 語り合い、希望を持ち、備える 永田久美子」 【デジタル版

  • 六車由実, 「旅のことば」『学鐙』2016年春号, Vol.113, No.1

  • 「書店スタッフおすすめ:認知症を知る・予防するこの5冊」, 西日本新聞, 2016年6月27日

  • 「一個人」2016年6月号

  • 高瀬比左子, 「『認知症の人の気持ちをどうやって理解しますか?』カフェ」, 『介護を変える 未来をつくる:カフェを通して見つめる これからの私たちの姿』(高瀬 比左子, 日本医療企画, 2016) 【書籍情報

  • 秋本可愛, 「問題発見や解決の実践知を『ことば』として命名する」, 「若手が育つ環境づくり(秋本可愛が指導者を訪ねて)」, 『介護ビジョン』2016年9月号 【雑誌情報

  • 「CATs:ビューティ・ビジネス・ニュース」2016年12月11号



  • 委員

  • 高大接続システム改革会議新テストワーキンググループ委員【最終報告

  • Program Committee, 5th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2016), Taiwan

  • Steering Committee, 6th International Conference on Collaborative Innovation Networks Conference 2016 (COINs16), Italy

  • Program Committee, 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2016), USA

  • International Academic Program Committee, PUARL Conference 2016, USA



  • 書籍の増刷

  • 第2刷! 『プロジェクト・デザイン・パターン:企画・プロデュース・新規事業に携わる人のための企画のコツ32』(井庭 崇 , 梶原 文生, 翔泳社, 2016)【書籍情報

  • 第2刷! 『パターン・ランゲージ:創造的な未来をつくるための言語』(井庭 崇 編著, 中埜 博, 江渡 浩一郎, 中西 泰人, 竹中 平蔵, 羽生田 栄一, 慶應義塾大学出版会, 2013【書籍情報

  • 第20刷!『複雑系入門:知のフロンティアへの冒険』(井庭 崇, 福原 義久, NTT出版, 1998年)【書籍情報
  • 井庭研だより | - | -

    2016年を振り返る:成果発表・活動等一覧(書籍)

    今年は国内で1冊 書籍を出版したほか、国際学会論文が収録された本が2冊出ました。
    Books440.jpg

    『プロジェクト・デザイン・パターン:企画・プロデュース・新規事業に携わる人のための企画のコツ32』(井庭 崇 , 梶原 文生, 翔泳社, 2016)

    PDPbookcover240.jpg
    出版社(翔泳社)の書籍ページ

    Amazon.co.jp(オンデマンド)
    Amazon.co.jp(Kindle版)

    楽天ブックス(紙書籍版)
    楽天ブックス(楽天kobo電子書籍版)

    honto.jp(紙の本)
    honto.jp(電子書籍)

    有隣堂 店舗在庫


    はじめに (梶原 文生)

    第一部 企画のコツを共有する

     [対談]梶原文生×井庭崇
       1.社会を良くするための「企画のコツ」を提供したい
       2.「企画」の仕事
       3.パターン・ランゲージとは
       4.「企画のコツ」をパターンとしてまとめようと思った動機
       5.パターンにすることの効果
       6.マニュアルやケースとの違い
       7.パターンを通して見るUDSの事例
       8.未来を予感させるもの

     [解説]経験則を共有するパターン・ランゲージ

    第二部 プロジェクト・デザイン・パターン
     CORE:企画者として持つべき哲学
     LEARN;情報をつかむ…企画の種は情報にあり
     CREATE:企画をつくる…企画づくりで押さえるべきポイント
     LIVE:企画人として生きる…企画人としての「自分」と「相手」との付き合い方
     PLEASURE:もう一つの企画

    第三部 プロジェクト紹介

    おわりに(井庭 崇)



    Peter Baumgartner, Tina Gruber-Muecke, Richard Sickinger (Eds.), Pursuit of Pattern Languages for Societal Change. Designing Lively Scenarios in Various Fields. Berlin: epubli, 2016

    PURPLSOC_book2-1_cover240.jpg
    Book Purchase

    Download (PDF)


  • Takashi Iba, Tomoki Kaneko, Arisa Kamada, Nao Tamaki, Makoto Okada, “Words for a Journey: A Pattern Language for Living Well with Dementia” pp.152-176

  • Takashi Iba, Norihiko Kimura, Yuma Akado, Takuya Honda, “The Fundamental Behavioral Properties” pp.178-198

  • Takashi Iba, “Pattern Language 3.0 and Fundamental Behavioral Properties” pp.200-233

  • Taichi Isaku, Emi Kubonaga, Takashi Iba, “The Cooking Language: Applying the Theory of Patterns into Cooking” pp.234-248

  • Sumire Nakamura, Takashi Iba, “Fostering Changemakers with Change Making Patterns: A Conceptual Framework for Social Change and Its Educational Applications” pp.250-268



  • Matthäus P. Zylka, Hauke Fuehres, Andrea Fronzetti Colladon, Peter A. Gloor (eds.), Designing Networks for Innovation and Improvisation (Springer Proceedings in Complexity), Springer International Publishing, 2016

    SpringerBook240.jpg
    Springer (eBook and hardcover)

    Amazon.com (Hardcover)
    Amazon.co.jp (Hardcover)

    楽天ブックス(楽天kobo電子書籍版)


  • Iroha Ogo, Satomi Oi, Jei-Hee Hong, Takashi Iba, “Creating Community Language for a Collaborative Innovation Community” (Chapter 3) pp.21-28

  • Takashi Iba, “Sociological Perspective of the Creative Society” (Chapter 4) pp.29-428

  • Yuma Akado, Masafumi Nagai, Taichi Isaku, Takashi Iba, “Workshop Generator Patterns: A Supporting Tool for Creating New Values in a Workshop” (Chapter 9) pp.87-948

  • Norihiko Kimura, Hitomi Shimizu, Iroha Ogo, Shuichiro Ando, Takashi Iba, “Design Patterns for Creative Education Programs” (Chapter 10) pp.95-1038

  • Takashi Iba, Ayaka Yoshikawa, Tomoki Kaneko, Norihiko Kimura, Tetsuro Kubota, “Pattern Objects: Making Patterns Visible in Daily Life” (Chapter 11) pp.105-1128

  • Taichi Isaku, Takashi Iba, “From Chefs to Kitchen Captains: A Leader Figure for Collaborative Networks in the Kitchen” (Chapter 12) pp.113-1218

  • Makoto Okada, Yoichiro Igarashi, Hirokazu Harada, Masahiko Shoji, Takehito Tokuda, Takashi Iba, “ADR Processes for Creating Strategic Networks for Social Issues: Dementia Projects” (Chapter 16) pp.163-1718
  • 井庭研だより | - | -

    2016年を振り返る:成果発表・活動等一覧(学会発表)

    2016年の学会発表などを振り返りたい。

    今年は、ジャーナル論文 1本、学会論文 26本、ポスター 3本の発表をし、国際学会でワークショップを5つ実施した。

    発表・実施したのは、台湾、イタリア、ドイツ、アメリカで開催された5つのカンファレンス。今年も、たくさん発表したなぁ〜!一緒に論文を書いてくれた共著者たちに感謝したい。


    ジャーナル論文(Journal Article)

  • Takashi Iba, Aya Matsumoto, Arisa Kamada, Nao Tamaki, and Tomoki Kaneko, “A Pattern Language for Living Well with Dementia: Words for a Journey,” International Journal of Organisational Design and Engineering, Volume 4, No. 1/2, 2016, pp.85-112 →論文入手


  • 学会論文(Conference Paper)

  • Takashi Iba, Ayaka Yoshikawa, “Constructing the Philosophy of Pattern Language: From the Perspective of Pragmatism,” PUARL Conference 2016, USA, Oct., 2016 →論文PDF

  • Takashi Iba, “Future Language for Collaborative Design,” PUARL Conference 2016, USA, Oct., 2016 →論文PDF

  • Takashi Iba, “Creating Pattern Languages for Human Actions,” PUARL Conference 2016, USA, Oct., 2016

  • Haruka Mori, Yuji Harashima, Tsuyoshi Ishida, Ayaka Yoshikawa, Takashi Iba, “Project Design Patterns: Sharing the Practices in Successful Projects,” PUARL Conference 2016, USA, Oct., 2016 →論文PDF

  • Taichi Isaku, Takashi Iba, “The Production of Dishes: A System of Cooking in the Inclusive City,” PUARL Conference 2016, USA, Oct., 2016 →論文PDF

  • Takashi Iba, Ayaka Yoshikawa, “Understanding the Functions of Pattern Language with Vygotsky’s Psychology: Signs, The Zone of Proximal Development, and Predicate in Inner Speech,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2016), USA, Oct., 2016 →論文PDF(WWSバージョン)

  • Takashi Iba, Taichi Isaku, “Creating a Pattern Language for Creating Pattern Languages: 364 Patterns for Pattern Mining, Writing, and Symbolizing,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2016), USA, Oct., 2016 →論文PDF(WWSバージョン)

  • Haruka Mori, Norihiko Kimura, Shuichiro Ando, Takashi Iba, “Pattern Concierge: Using Push and Pull Patterns to Help Clients Design Their Future,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2016), USA, Oct., 2016 →論文PDF(WWSバージョン)

  • Alice Sasabe, Tomoki Kaneko, Kaho Takahashi, Takashi Iba, “Pattern Mining Patterns: A Search for the Seeds of Patterns,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2016), USA, Oct., 2016 →論文PDF(WWSバージョン)

  • Shiori Shibata, Sakurako Kogure, Hitomi Shimizu, Takashi Iba, “Pattern Symbolizing Patterns - Showing the content and value by expressions to encourage intuitive comprehension,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2016), USA, Oct., 2016 →論文PDF(WWSバージョン)

  • Yuma Akado, Norihiko Kimura, Tsuyoshi Ishida, Takashi Iba, “Fundamental Behavioral Properties – Part 3: Extending the Theory of Centers for Pattern Language 3.0,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2016), USA, Oct., 2016 →論文PDF(WWSバージョン)

  • Arisa Kamada, Rina Kato, Yuma Akado, Takashi Iba, “Natural Living Patterns: A Pattern Language for Ethical and Sustainable Life,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2016), USA, Oct., 2016 →論文PDF(WWSバージョン)

  • Hideo Miura, Takashi Iba, Eri Shimomukai, “Cross Border Leadership Patterns: A Pattern Language for Social Intrapreneurs at the Early Stages,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2016), USA, Oct., 2016 →論文PDF(WWSバージョン)

  • Ayaka Yoshikawa, Yuma Akado, Shiori Shibata, and Takashi Iba, “Cooking Life Patterns: A Pattern Language for Enjoying: Cooking in Everyday Life,” 21st European Conference on Pattern Languages of Programs (EuroPLoP2016), Germany, Jul., 2016

  • Masafumi Nagai, Taichi Isaku, Yuma Akado, and Takashi Iba, “Generator Patterns: A Pattern Language for Collaborative Inquiry,” 21st European Conference on Pattern Languages of Programs (EuroPLoP2016), Germany, Jul., 2016

  • Taichi Isaku and Takashi Iba, “Creative CoCooking Patterns: A Pattern Language for Enhancing Team Creativity through Cooking,” 21st European Conference on Pattern Languages of Programs (EuroPLoP2016), Germany, Jul., 2016

  • Iroha Ogo, Satomi Oi, Jei-Hee Hong, Takashi Iba, “Creating Community Language for a Collaborative Innovation Community,” 6th International Conference on Collaborative Innovation Networks Conference 2016 (COINs16), Italy, Jun., 2016; published in Chapter 3 of Designing Networks for Innovation and Improvisation (Springer Proceedings in Complexity), Zylka, M.P., Fuehres, H., Fronzetti Colladon, A., Gloor, P.A. (Eds.), Springer International Publishing, pp.21-28 →論文入手

  • Takashi Iba, “Sociological Perspective of the Creative Society,” 6th International Conference on Collaborative Innovation Networks Conference 2016 (COINs16), Italy, Jun., 2016; published in Chapter 4 of Designing Networks for Innovation and Improvisation (Springer Proceedings in Complexity), Zylka, M.P., Fuehres, H., Fronzetti Colladon, A., Gloor, P.A. (Eds.), Springer International Publishing, pp.29-428 →論文入手

  • Yuma Akado, Masafumi Nagai, Taichi Isaku, Takashi Iba, “Workshop Generator Patterns: A Supporting Tool for Creating New Values in a Workshop,” 6th International Conference on Collaborative Innovation Networks Conference 2016 (COINs16), Italy, Jun., 2016; published in Chapter 9 of Designing Networks for Innovation and Improvisation (Springer Proceedings in Complexity), Zylka, M.P., Fuehres, H., Fronzetti Colladon, A., Gloor, P.A. (Eds.), Springer International Publishing, pp.87-948 →論文入手

  • Norihiko Kimura, Hitomi Shimizu, Iroha Ogo, Shuichiro Ando, Takashi Iba, “Design Patterns for Creative Education Programs,” 6th International Conference on Collaborative Innovation Networks Conference 2016 (COINs16), Italy, Jun., 2016; published in Chapter 10 of Designing Networks for Innovation and Improvisation (Springer Proceedings in Complexity), Zylka, M.P., Fuehres, H., Fronzetti Colladon, A., Gloor, P.A. (Eds.), Springer International Publishing, pp.95-1038 →論文入手

  • Takashi Iba, Ayaka Yoshikawa, Tomoki Kaneko, Norihiko Kimura, Tetsuro Kubota, “Pattern Objects: Making Patterns Visible in Daily Life,” 6th International Conference on Collaborative Innovation Networks Conference 2016 (COINs16), Italy, Jun., 2016; published in Chapter 11 of Designing Networks for Innovation and Improvisation (Springer Proceedings in Complexity), Zylka, M.P., Fuehres, H., Fronzetti Colladon, A., Gloor, P.A. (Eds.), Springer International Publishing, pp.105-1128 →論文入手

  • Taichi Isaku, Takashi Iba, “From Chefs to Kitchen Captains: A Leader Figure for Collaborative Networks in the Kitchen,” 6th International Conference on Collaborative Innovation Networks Conference 2016 (COINs16), Italy, Jun., 2016; published in Chapter 12 of Designing Networks for Innovation and Improvisation (Springer Proceedings in Complexity), Zylka, M.P., Fuehres, H., Fronzetti Colladon, A., Gloor, P.A. (Eds.), Springer International Publishing, pp.113-1218 →論文入手

  • Makoto Okada, Yoichiro Igarashi, Hirokazu Harada, Masahiko Shoji, Takehito Tokuda, Takashi Iba, “ADR Processes for Creating Strategic Networks for Social Issues: Dementia Projects,” 6th International Conference on Collaborative Innovation Networks Conference 2016 (COINs16), Italy, Jun., 2016; published in Chapter 16 of Designing Networks for Innovation and Improvisation (Springer Proceedings in Complexity), Zylka, M.P., Fuehres, H., Fronzetti Colladon, A., Gloor, P.A. (Eds.), Springer International Publishing, pp.163-1718 →論文入手

  • Yuma Akado, Shiori Shibata, Ayaka Yoshikawa, Akimitsu Sano, and Takashi Iba, “Cooking Patterns: A Pattern Language for Everyday Cooking,” 5th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP2016), Taiwan, Mar., 2016 →論文PDF

  • Tetsuro Kubota, Yuji Harashima, Haruka Mori, Tsuyoshi Ishida, Kaori Harasawa, and Takashi Iba, “Project Design Patterns: Patterns for Designing Architectural Projects,” 5th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP2016), Taiwan, Mar., 2016 →論文PDF

  • Alice Sasabe, Taichi Isaku, Tomoki Kaneko, Emi Kubonaga, and Takashi Iba, “Parenting Patterns: A Pattern Language for Growing with your Child,” 5th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP2016), Taiwan, Mar., 2016 →論文PDF


  • ポスター発表(Poster)

  • Takashi Iba, “Concept Language for Area Prevention of Disasters: The Case of The Otemachi-Marunouchi-Yurakucho (OMY) District,” PUARL Conference 2016, USA, Oct., 2016

  • Tomoki Kaneko, Ayaka Yoshikawa, Takashi Iba, “Dementia Friendly Communities with a Pattern Language for Living Well with Dementia,” PUARL Conference 2016, USA, Oct., 2016

  • Norihiko Kimura, Yuma Akado, Takashi Iba, “The Future Vision of Productive City: Where Pattern Languages Are Used,” PUARL Conference 2016, USA, Oct., 2016


  • ワークショップ(Workshop)

  • Takashi Iba, Ayaka Yoshikawa, Tomoki Kaneko, Yuma Akado, “Idea Generation Workshop for Dementia-Friendly Cities with Pattern Languages,” PUARL Conference 2016, USA, Oct., 2016

  • Norihiko Kimura, Yuma Akado, Ayaka Yoshikawa, Takashi Iba, “Creating Future Vision of the Creative Society Where Pattern Languages are Used,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2016), USA, Oct., 2016 →実施概要

  • Ayaka Yoshikawa, Tomoki Kaneko, Yuma Akado, Haruka Mori, Takashi Iba, “Pattern-Driven Idea Generation: Inventing New Supporting Systems for People with Dementia,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2016), USA, Oct., 2016 →実施概要

  • Takashi Iba, Makoto Okada, Ayaka Yoshikawa, “Idea Generation Workshop for Social Innovations with Pattern Languages,” 6th International Conference on Collaborative Innovation Networks Conference 2016 (COINs16), Italy, Jun., 2016 →実施概要PDF

  • Takashi Iba, Ayaka Yoshikawa, Yuma Akado, Alice Sasabe, Tomoki Kaneko, “Utilizing Pattern Languages for Enhancing Creativity in Everyday Life,” 5th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP2016), Taiwan, Mar., 2016 →実施概要


  • paper2016.jpg
    井庭研だより | - | -

    イベント情報!パターン・ランゲージ ORF2016 - 11月18日(金)・19日(土)

    慶應義塾大学SFCの研究発表フォーラム ORF2016(Open Research Forum 2016)が、2016年11月18日(金)・19日(土)に六本木(東京ミッドタウン)で開催されます。

    僕や井庭研に関する情報は、以下の通りです。
    魅力的で刺激的なワークショップ・ブースやセッションです。
    ぜひお越しください!!!


    今年の井庭研ブースでは、いろんなパターン・ランゲージの使い方を体験していただけます。

    ■11月18日(金)・19日(土)
    ブース「ライトニング・ワークショップ:パターン・ランゲージ活用100連発」(井庭崇研究室)
    東京ミッドタウン・イーストB1Fホール WS03
    http://orf.sfc.keio.ac.jp/2016/workshop/w03/


    セッションでは、最先端の話題を実践者のみなさんとご紹介します。

    ■11月19日(土)12:00〜13:30
    セッション「“子育てをしながら心豊かに働く”ためのヒント:パターン・ランゲージによる対話と発想」
    東京ミッドタウン・タワー4Fカンファレンス Room 7
    http://orf.sfc.keio.ac.jp/2016/session/ss-05/
    関根 牧子(花王株式会社)
    小村 晃雅(富士ゼロックス株式会社)
    森 祐美子(NPO法人こまちぷらす)
    井庭 崇(慶應義塾大学)
    +花王株式会社・井庭研究室プロジェクトメンバー


    ■11月19日(土)16:30〜18:00
    セッション「個人のコツを組織の力に: パターン・ランゲージ3.0のビジネス活用最新事例」
    東京ミッドタウン・タワー4Fカンファレンス Room 9
    http://orf.sfc.keio.ac.jp/2016/session/s-20/
    池田 拓司(クックパッド株式会社)
    岩波 純生(大日本印刷株式会社)
    宇都宮 嘉宏(株式会社ベネッセコーポレーション)
    笠井 崇(株式会社ビジネスコンサルタント)
    猿渡 敬志(花王株式会社)
    中川 敬文(UDS株式会社)
    井庭 崇(慶應義塾大学)


    ■11月19日(土)18:30〜20:00
    セッション「主体性と創造性を引き出す教育改革: パターン・ランゲージによるアクティブ・ラーニング先進事例」
    東京ミッドタウン・タワー4Fカンファレンス Room 9
    http://orf.sfc.keio.ac.jp/2016/session/s-22/
    鈴木 寛(慶應義塾大学/文部科学大臣補佐官)
    金井 達亮(かえつ有明中学・高等学校)
    伊藤 大輔(宝仙学園中学・高等学校)
    米澤 貴史(宝仙学園中学・高等学校)
    束原 和郎(桐朋小学校)
    井庭 崇(慶應義塾大学)


    ORF2016は、事前登録不要・入場無料です。SFCの最先端の研究が一覧できる大イベントです。詳しくは、 http://orf.sfc.keio.ac.jp/2016/ をご覧ください。


    ORF_IbaLab.png
    イベント・出版の告知と報告 | - | -

    特別講演「パターン・ランゲージとは何か」(Joseph Yoder氏)- 10/4(火)夜@銀座

    【緊急告知】10月4日(火)夜@銀座にて開催!

    個々人の中にとどまり、人と共有することが難しいとされてきた「うまくいくコツ」。それを引き出し、言語化することで他者との共用を図る新しい手法として、パターン・ランゲージ3.0がビジネスでも注目されはじめています。

    そのパターン・ランゲージの世界的権威のおひとり、Joseph Yoder氏が来日し、急遽、一般向けの講演を行ってくださることとなりました。

    Joseph Yoder氏はパターン・ランゲージ研究・実践を促進する国際組織 The Hillside Groupの代表理事であり、長い期間この分野の研究・実践に携わってこられました。今回は、「パターン・ランゲージとは何か」というタイトルで、講演をしていただきます。講演は逐次日本語訳がございます。

    また、後半には、コラボレーションの秘訣をまとめた「コラボレーション・パターン」を用いたワークショップで、パターン・ランゲージによる対話の効果を体験いただけます。

    初心者にもわかりやすく、すでにご理解のある方にも新しい学びのある内容ですので、ぜひふるってご参加ください。


    特別講演「パターン・ランゲージとは何か」+ミニワークショップ(Joseph Yoder + 井庭 崇)
    日時:10月4日(火)19:30-21:30
    場所:LEAGUE(銀座駅より徒歩5分/東銀座駅より徒歩2分)
    http://league-ginza.com/access

    内容:
     Joseph Yoder氏 特別講演 "What is Pattern Language"
     井庭 崇 コラボレーション・パターン・ワークショップ

    定員:35名
    参加費:無料

    *コラボレーション・パターン・ワークショップでは、Yoder氏にもご参加いただく英語テーブルも設ける予定です。


    急な日程ではございますが、ご都合がつきましたら、ぜひご参加ください。

    【ご参加方法】
    contact [at] ml.creativeshift.co.jp へ以下の情報をお知らせください( [at] を@に変えて送信ください)。

     ・所属(社名・部署名)
     ・氏名


    LEAGUE_Oct4th_TalkWS_Image440.jpg
    イベント・出版の告知と報告 | - | -

    日本語のパターンにおける内言的な書き方へのこだわり

    僕がパターン・ランゲージのパターンを仕上げるときに、こだわって意図的にしていることがある。それは、主語(人称代名詞)をうまく抜いて、内言(inner speech)的に読めるようにするということである。

    これは日本語だから成し得ることであり、日本のなかでもそのことにこだわってパターンを書いている人にはこれまでに会ったことはない。

    例えば、僕らがつくったパターン・ランゲージ『旅のことば』の「なじみの居場所」のSolutionは、次のものである。

    自分ひとりで行けて、家族も知っている行きつけの場所をつくります。すでにそのようなお気に入りの場所があれば、そこを自分の《なじみの居場所》だと家族に伝えておきます。まだない場合には、家の近くの喫茶店や小さな美術館など、居心地のよさそうな場所を探すことからはじめます。家族や友人と一緒に探すと安心です。よさそうな場所が見つかったら、その場にいる店員さんや常連さんたちに、ひとこと挨拶をしておくと早くなじむことができるでしょう。


    「あなた」「私」というような言葉は使われていないのがわかるだろう。「自分ひとりで行けて、家族も知っている行きつけの場所をつくります。」というのが、「誰が」なのかは、意図的に書いていないのである。そうすることで、「うまく実践している人は」と読むこともできるし、「自分は(これから)」と読むこともできる。こう書いてあることで、自分の内言(心のなかの言葉)のように、ここに書かれた言葉を内側から読むことができるようになる。

    ちなみに、このパターンの英語版のSolutionは、次のようになる。

    Find a place where you can go by yourself without any trouble, and make sure your family knows about the place too. If you already have such a place, tell your family that it is your “Favorite Place.” If not, find a place such as a coffee shop or art museum near your home that you like, where you feel comfortable. You can ask a friend or a family member to help you find this place. Once you find your place, it would be nice to say hello to the people there so you can get on well early.


    このパターンのように、パターン・ランゲージのパターンのSolutionは、英語では命令形で書かれる。「Find 〜」というように、完全にアドバイスの文章として書かれており、実際そう読むことになる。そして、その後の文章には「you」という言葉が出てくる。つまり、誰かが自分に対して語りかけている、という文章なのである。

    もちろん、これを「Find 〜」と(ほんの少し未来の)自分に向かって言っていると捉えることはできる。未来の自分を「you」として、未来の自分に命令しているということもできるかもしれない。しかし、それでも、今の自分とは分離された対象に向かって働きかけている文章であることに間違いはない。


    井庭研でも、メンバーがSolutionを「〜しましょう」と書いてくときがしばしばあるが、それを見つけると、直すように言っている。英語が命令形なのだから、それが丁寧になっていてよいと思うかもしれないが、「〜しましょう」と言うパターンをいくつも読むことになると、「もう結構です」(うざい)という気持ちが生まれるのは想像に難くない。

    だから僕が書く日本語のSolutionの文章はそうなってはいない、というか、そうならないように意識して書いている。『旅のことば』について、「読み手に寄り添うように書かれている」という感想をもらうことがあるが、それは、こういった文章の書き方も影響していると思われる。本人が自分の気持ちや、自分が考えていることが書いてあると感じやすい文章なのだと思う。

    人称代名詞を省略できる言語は、他にもある。しかし、スペイン語やイタリア語などは、動詞の形が一人称と二人称、三人称で変わるために、主語を省略しても意味が取れるので、省略が可能になっている。日本語の場合には、それとは異なる原理で人称代名詞を入れずに文章を書くことができる。

    このように、パターン・ランゲージは、アメリカで英語で書かれるものとして出発したが、僕らが日本でつくるようになってから、パターンの文章の書き方は、ひとつ新しい展開をみせたと考えている。

    そこで、このことを海外の方にも知ってもらうために、今年のPLoP(パターン・ランゲージの国際学会)に、そのことを書いた論文を出している。そもそも英語にできないことを英語で書くのだから、少しややこしいのだけれども、そのようなことも伝えなければ知ってもらえないので、なんとか論文にした。学会での反応が楽しみである。

    Takashi Iba, Ayaka Yoshikawa, “Understanding the Functions of Pattern Language with Vygotsky’s Psychology: Signs, The Zone of Proximal Development, and Predicate in Inner Speech,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs, Oct, 2016


  • 『旅のことば 認知症とともによりよく生きるためのヒント』(井庭 崇, 岡田 誠(編著), 慶應義塾大学 井庭崇研究室, 認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ, 丸善出版, 2015)
  • 『Words for a Journey: the Art of Being with Dementia』(Takashi Iba, Makoto Okada (eds), Iba Laboratory, Dementia Friendly Japan Initiative, CreativeShift Lab, 2015
  • パターン・ランゲージ | - | -

    2016年7月30日(土)に、井庭研 研究発表会を開催します!

    2016年7月30日(土)に、井庭研 研究発表会を開催します。

    現在の最新の研究成果をお披露目するので、ぜひお越しください!
    今年は、英語開講の井庭研Bが始まったので、英語での発表もあります。


    学内のみなさん、ぜひ見に来てね。当日、直接会場に来てくて大丈夫です。

    学外の方は、事前に ilab-assist [at] sfc.keio.ac.jpまで、お名前、ご所属、井庭研や井庭との関係、参加理由等を送った上で、お越しください。

    なお、ランチは時間が限られているため、事前に用意し、ご持参ください。

    IbaLabConf3.jpg


    井庭研 研究発表会 (2016年度春学期)
    2016年7月30日(土)09:40開場 10:00〜18:20
    慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)大学院棟 τ11教室



    10:00~10:20 《オープニングセッション》

    10:20~10:50 《セッション1:学会報告(ライトニングトーク)》 ※in English
    • イントロダクション (Takashi Iba)
    • ”Workshop Generators Patterns: A Supporting Tool for Creating New Values in a Workshop” (Yuma Akado)
    • ”Design Patterns for Creative Educational Program” (Hitomi Shimizu)
    • ”Pattern Objects: Making Patterns Visible in Everyday Life” (Ayaka Yoshikawa)
    • “Generator Patterns: A Pattern Language for Collaborative Inquiry” (Masafumi Nagai)
    • ”Pattern Symbolizing Patterns: Showing the content and value by expressions to encourage intuitive comprehension” (Shiori Shibata)
    • ”Pattern Concierge: Using Push and Pull Patterns to help clients design their future”(Haruka Mori)
    • ”Dementia Friendly Communities with Pattern Languages for Living Well with Dementia” (Tomoki Kaneko)


    10:50~11:00 コーヒーブレイク

    11:00~12:40 《セッション2:パターン・ランゲージ》
    • ”Translating the Learning Patterns into Malaysian Language” (Nur Nameerah Mohd Fadzil) ※in English
    • Work Life Project(いきいきと子育てをしながら働く秘訣)※花王株式会社との共同研究
    • Good to Great Project(自分を突き抜けさせる生き方の探求)


    12:40~13:20 ランチブレイク(※ランチを事前に用意し、ご持参ください。)

    13:20~13:40 《セッション3:ソングライティング》
    • ”Songwriting Project : Telling Music Power and Showing My Life As MayuGene”(Mayu Ueno) ※in English


    13:40~14:40 《セッション4:修士課程研究報告》
    • 「パーソナリティ形成のための対話法の確立と実践(仮)」(長井 雅史、M1)
    • 「個人と社会に豊かさをもたらす消費の実践パターン分析」(鎌田 安里紗、M2)
    • 「クッキング・ランゲージ:和風料理のレシピ分析ツールの製作」(伊作 太一、M2)

    14:40~15:00 コーヒーブレイク

    15:00~16:20 《セッション5:パターン・ランゲージの活用》
    • Cooking Project(料理をする人を増やす方法)※クックパッド株式会社との共同研究を含む
    • 旅のことば プロジェクト(認知症とともによりよく生きることの支援)


    16:20~16:40 コーヒーブレイク

    16:40~18:00 《セッション6:フューチャー・ランゲージ》
    • Student Resi・e Language Project(学生の理想の住まいの言語化)※UDS株式会社との共同研究
    • Future Vision Project(未来像をつくる方法論の探求)


    18:00~18:20 《クロージングセッション》


    ※ランチは、時間が限られているため、事前に用意し、ご持参ください。
    ※プログラムの発表順番や時間は、変更される可能性があります。

    問い合わせ・参加申し込み: ilab-assist [at] sfc.keio.ac.jp

    IbaLabConf2.jpg

    IbaLabConf1.jpg
    井庭研だより | - | -

    井庭研説明会 2016年7月14日(木)5限

    7月14日(木)5限に、井庭研説明会(第2回)を行います!

    前回予定があって参加できなかった人や、今週公開されるシラバスを見て興味をもってくれた人など、ちょっとでも興味を持ったら、ぜひ来てください。シラバスではわからない、研究会の特徴や思い、雰囲気を知ることができます。

    井庭研ではどんなことをやっているのか? どんなふうに普段活動しているのか? 現役メンバーからみて井庭研ってどんな感じ? などなど、僕と現役メンバーが語ります。

    また、みんなの興味・関心が井庭研とどのように関わることができそうかも、一緒に考えましょう!

    井庭研A 説明会(第2回)
    Creative Media Studio:創造社会をつくるチェンジ・メイカーになる
    [これからの生き方、自然で豊かな暮らし方、そして、創造的な学びの実現]

    日時:7月14日(木)5限
    場所:κ12教室
    問い合わせ: ilab-entry [at] sfc.keio.ac.jp

    IbaLabA_2016f_440.jpg
    井庭研だより | - | -
    CATEGORIES
    NEW ENTRIES
    RECOMMEND
    ARCHIVES
    PROFILE
    OTHER